現代美術館の先駆けであり、名建築としても知られる東京・品川の「原美術館」。2021年には群馬に拠点を移す同館の姿を、ファッションシューティングを通して記憶に留める。アートもファッションも、時代を超えて愛されるものたちは、形を変えて次世代へと伝えられる

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY TARO MIZUTANI, STYLED BY KAYO YOSHIDA, HAIR BY ASASHI(OTA OFFICE), MAKEUP BY TOMOHIRO MURAMATSU(SEKIKAWA OFFICE), MODEL BY TSUGUMI(DONNA MODELS)

画像1: 原美術館の記憶――
受け継がれるものたちへ
捧げるオマージュ

ベルベットのハンタージャケットは、裾に優雅なフリルを施して。バミューダパンツでコケティッシュに。

ジャケット¥310,000、ブラウス¥195,000、パンツ¥115,000、ネックレス¥84,000、靴¥115,000/セリーヌ バイ エディ・スリマン
セリーヌ ジャパン
TEL. 03(5414)1401

画像2: 原美術館の記憶――
受け継がれるものたちへ
捧げるオマージュ

クラシックな絵画世界を思わせる ドレスは襟と袖のフリルも 愛らしく。レザーのコルセットが エッジーなスパイスを加える。

ドレス(レザーベルト コルセットつき)¥730,000/グッチ
グッチ ジャパン クライアント サービス
フリーダイヤル:0120-99-2177

画像3: 原美術館の記憶――
受け継がれるものたちへ
捧げるオマージュ

プラダのアイコニックなナイロンコート。ヘビーなアイテムには軽やかな色を添えて。

コート¥320,000、ドレス¥198,000、タイツ¥53,000、ベルト¥133,000(すべて予定価格)、靴¥90,000(参考価格)/プラダ
プラダ クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-451-913

画像4: 原美術館の記憶――
受け継がれるものたちへ
捧げるオマージュ

シンプルなレザーコートにエルメスらしい馬具をモチーフにしたベルトバックルが映える。

コート¥1,540,000、ニットドレス(参考色)¥221,000、ベルトバックル¥38,000、レザーベルト¥53,000/エルメス
エルメスジャポン
TEL. 03(3569)3300

 

This article is a sponsored article by
''.