さまざまな分野で活躍する“おやじ”たち。彼らがひと息つき、渋い顔を思わずほころばせる……そんな「おやつ」とはどんなもの? 偏愛する“ごほうびおやつ”と“ふだんのおやつ”からうかがい知る、男たちのおやつ事情と知られざるB面とは。連載第11回は実業家の堀淵清治さん

BY YUKINO HIROSAWA, PHOTOGRAPHS BY TAKASHI EHARA

 サンフランシスコにベースを置き、日本をはじめアジアでもビジネスを展開する堀淵清治さん。サードウェーブコーヒーのブームを巻き起こした「ブルーボトルコーヒー」を招致。また、カカオ豆から板チョコレートになるまでの全行程を、一つの工房で行うビーン・トゥー・バーの文化を日本にもたらした「ダンデライオン・チョコレート」のCEOといえば、ピンとくる人も多いだろう。

 そんな堀淵さんの人生の最初の転換期は大学時代。ロックバンドを編成し、音楽(と麻雀)に明け暮れていた。第三次安保闘争の真っ最中だったが、「いわゆるノンポリで、大学を卒業してちゃんとした企業に勤めてというまっとうなレールを進むというよりは、楽しいことをしたい、自由でいたいという精神が強かった。だからこそサンフランシスコに渡ってしまったのだと思う」と言う。

 遊びのつもりで1カ月だけ滞在したそこは、音楽はもちろん、ファッションもアートもライフスタイルも、既成の体制や文化に反抗するようなカウンターカルチャーやニューエイジ運動が隆盛を極め、そのうねりが世界中へと爆発的に拡散されていた。そのさなかに身を置いた堀淵青年は、「新しいことをしようというカルチャーに衝撃を受けたし、時代が動き、世界が目まぐるしく変わる様子を味わった。“ここしかない、アメリカに住もう”と思いましたね」。

画像: 大学構内や近くのカフェで味わった、バターたっぷりのクロワッサン。ストロベリージャムに加え、自称“バタリーナ”の堀淵さんはさらにバターを塗ることも

大学構内や近くのカフェで味わった、バターたっぷりのクロワッサン。ストロベリージャムに加え、自称“バタリーナ”の堀淵さんはさらにバターを塗ることも

 カルチャーショックを受けたのは食べ物も然り。カリフォルニア州立の大学院へ留学した際に「感動したのはバークレーが発祥と言われる“カフェ・ラテ”。それといっしょに味わうストロベリージャムやバターをたっぷりつけたクロワッサン。朝食にそれを食べるのが死ぬほど幸せでしたね。あとはメープルシロップをたっぷりかけたワッフルやパンケーキ、バナナブレッド、チーズケーキ、ブラウニー…… どれも日本で口にしたことがないものばかりで、それを学内や近所のカフェで味わうために大学院に通っていたような気がするほど(笑)。当時は食にまつわる仕事をするなんて予想だにしていなかったけれど、当時の食体験や感激が、今の仕事につながっている。不思議なものだよね」。

 

This article is a sponsored article by
''.