「Opium Room(オピウム ルーム)」と名付けられた一室(1泊SGD435~)。ベッドボードの頭上には「福禄」と記された簾が掲げられ、欧米人の東洋趣味に応えている印象。いずれも英国ブランドであるナチュラルマット社のマットレスとバーモント&ブラウン社のオーガニックリネンが、旅の疲れを一晩で回復させてくれる
© SIXSENSES SINGAPORE
記事本文に戻る
濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 連載「歌舞伎への扉」 ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.