2008年春夏コレクションで発表されてから、今年で誕生10周年を迎えるフェンディのアイコンバッグ、ピーカブー。フェンディではこれを記念し、ピーカブーの普遍的かつ気どらない存在感を改めて伝えるワールドワイドプロジェクトとして、世界中のアイコニックな女性たちを起用した #MeAndMyPeekaboo 第2章を発表した。


 フェンディでアクセサリー、メンズウェア、キッズウェアのクリエイティブディレクターを務めるシルヴィア・フェンディが2人の愛娘と登場した第1章に続き、第2章では、女優やシンガーなど国際的に活躍する5組の女性たちが、同じく娘や姉妹などファミリーと出演。アクセサリー感覚で持てるコンパクトサイズの「マイクロ ピーカブー」から、2016年に誕生したピーカブーをさらに進化させたビッグサイズの「ピーカブー エッセンシャル」まで、幅広いラインナップのピーカブーを手に、プライベート感たっぷりの自然で柔らかな表情をみせている。



「エピソード1」

カニエ ・ウェストの妻でモデル、ソーシャライトの

キム・カーダシアン(左)と娘のノース・ウェスト(右)



 7月11日から5週にわたり新しいエピソードが次々と公開された第2章。そのトップを飾ったカニエ・ウェストの妻キム・カーダシアンは、娘のノース・ウェスト、母のクリス・ジェンナーと3世代共演を果たし、「フェンディは強くて意志のある女性の象徴」というメッセージとともに、力強い存在感を示した。続いて公開されたエピソード2では、元少女時代のジェシカ・チョンが妹のクリスタルとともに出演。双子のようなスタイリングで親密な姿を見せた。そのほか、アジアからは北京でフォトグラファーとして活躍するカオ・ユアンとその娘でミュージシャンのドウ・ジャユエンが出演。香港のシンガーのジョイ・ヨンは、彼女が尊敬してやまない母のカム・フンと登場している。



「エピソード2」

元少女時代のジェシカ・チョン(左)と、

同じく歌手として活躍する妹のクリスタル・チョン(右)

PHOTOGRAPHS: COURTESY OF FENDI



 注目すべきは、第2章の最後を飾った俳優ユアン・マクレガーのふたりの愛娘だ。姉のクララ・マクレガーは女優兼フォトグラファーとして活躍し、今年公開された映画『Zoe(邦題:ホンモノの気持ち)』ではユアンと親子共演を果たして話題を集めた。一方、現在16歳の妹エスター・マクレガーは、今後の活躍が注目されているシンガー。SNSに投稿した動画の再生回数はデビュー前にも関わらず約5万回に達し、姉に匹敵する期待が寄せられている。このムービーの中で、ふたりは光あふれるテラスやきらめく水面がまぶしい海辺で笑い合い、戯れる。まるで幼い頃の彼女たちを見ているかのような錯覚に陥る美しい映像だ。



俳優 ユアン・マクレガーのふたりの愛娘が出演する「エピソード5」。

撮影はLAで行われた

© FENDI



 第2章では、全エピソードのサウンド・トラックにカニエ・ウェストの「Love Lockdown」が使用されているのも見逃せない。ピーカブーと同じく2008年に発表されたこの曲はカニエの初期を代表する曲のひとつで、母親の死と婚約者との別れをきっかけに書かれたものだと言われている。静けさに満ちたサウンドには深い悲しみとともに計りしれない愛情があふれ、ムービーの中の女性たちが示す強い絆と自然とリンクしていく。完結を迎えたばかりの第2章は、フェンディのウェブサイトで全エピソード鑑賞が可能。家族でも女性同士だからこそ見せることのできる特別な表情と、家族アルバムのようなノスタルジーあふれるストーリーを繰り返し楽しみたい。




問い合わせ先

フェンディ ジャパン

TEL. 03(3514)6187

公式サイト






  • 1