俳優・井浦新の手がけるヘアケアブランド「Kruhi(クルヒ)」が、髪と頭皮の長期的な健康、香り、洗髪後の排水、使い終えたボトルの循環まで、エシカルなものづくりにこだわった自然由来成分100%のヘアケアアイテムの販売をスタート。人と環境への優しさにあふれた「Kruhi」で、今こそ未来のためのアップデートを!

BY EMI ARITA

 髪のパサつきに枝毛や切れ毛、あるいは頭皮の気になる匂いなど、家族それぞれが抱える髪の悩みを解決しながら、未来のために環境にも優しいモノをつくりたい。俳優・井浦新、あい夫妻のそんな思いから生まれたヘアケアブランド「Kruhi(クルヒ)」。取り扱うのは、鹿児島県南大隅町産「農業廃棄物アップサイクル原料」を使用し、自然由来成分100%の「ボタニカル石けんシャンプー」と「ボタニカルトリートメント」。石油由来成分や界面活性剤などケミカル成分は一切不使用。ボトルには100%リサイクルアルミを使用し、原料の全てのトレーサビリティを確保、購入額の1%を環境保護活動団体に寄付するなど、環境循環に配慮した。さらに生分解性は98.9%、トリートメントは必ずしも洗い流す必要がないなど、可能な限り家庭排水の環境負荷ゼロも目指したアイテムとなっている。

画像1: すべては美しき未来のために。
井浦新がサステナブルな
ヘアケアブランド「Kruhi」を始動

「ボタニカル石けんシャンプー」は、水を一切使用せず、パッションフルーツ蒸留水を使用することで、石けんシャンプー特有のキシミを極限まで軽減。必要な皮脂や油分を保持しながら余分な汚れを落とし、ハリ・コシのある髪へと導く。「ボタニカルトリートメント」は石けんシャンプー後に用いられるクエン酸リンスの働きに加え、センキュウ、オタネニンジン、月桃、パッションフルーツなどの植物由来エキスを配合。必要な栄養や油分を髪と頭皮に与えてくれる。洗髪後だけでなく、ヘアクリームのような使い方も楽しめるのも特徴だ。

 また、井浦自らが調香したという香りにも注目したい。“キャンディーフォレスト”と名付けられた香りは、パッションフルーツ蒸留水に9種の天然精油をブレンド。ほんのりとした甘さと森林の清々しさを感じる芳醇な香りは、“人にも環境にも心地いい”というブランドの世界観を感じることができるはずだ。

画像: (左)Kruhi ボタニカル石けんシャンプー キャンディフォレスト(400ml)¥4,650・(右)Kruhiボタニカルトリートメント キャンディフォレスト(400ml)¥5,320・ポンプ(別売り・各)¥150/Kruhi

(左)Kruhi ボタニカル石けんシャンプー キャンディフォレスト(400ml)¥4,650・(右)Kruhiボタニカルトリートメント キャンディフォレスト(400ml)¥5,320・ポンプ(別売り・各)¥150/Kruhi

 ブランド名の「Kruhi(クルヒ)」の語源は大和言葉で、「明日」「いつか来る未来」を表すという。「一人一人の行動が来る日(未来)に明るい陽がさすことを願って」という井浦夫妻の思いが込められた「Kruhi」のヘアケアで、自分自身の美しさと地球環境の美しさ、どちらも叶える新たなライフスタイルを目指してみて欲しい。

画像: 「Kruhi」を手がけるValley and Windの井浦新・井浦あい PHOTOGRAPHS: COURTESY OF VALLY & WIND

「Kruhi」を手がけるValley and Windの井浦新・井浦あい
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF VALLY & WIND

問い合わせ先
Vally & Wind
公式サイトはこちら

▼あわせて読みたいおすすめ記事

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.