ボールルームの壁のフレスコ画は、1750年にフィリップ・カール・ラウプマンが描いた。1885年には、プリンス・アルフレッド・フォン・リヒテンシュタインが、自身とその妻ヘンリエッテ、そして彼らの9人の子どもたちの絵を、壁画の登場人物として描き加えさせた。床にはルネサンス期に、3種類の違った石でできた菱形のタイルが敷き詰められた
PHOTOGRAPH BY SIMON WATSON
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.