細川護煕氏の湯河原の陶芸工房に造った「一夜亭」。斜面のポケットに収めたような五角形のとんがり帽子の屋根のある建物。まるで煙突のように見える筒は明かり採りの天窓。パネル工法で造ったものをクレーンも入らない足場の悪いこの場所に設置したのは俳優座の大道具のチーム。「舞台美術のようなものを造るかと思ったら、 喫茶店とか建築をがんがん造っている、飾りの多い工務店という感じでした」(藤森)
PHOTOGRAPH BY AKIHISA MASUDA
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.