槇 文彦(FUMIHIKO MAKI)

建築家。1928年東京都生まれ。1952年、東京大学工学部建築学科を卒業後、米国クランブルック美術学院及びハーバード大学大学院の修士課程を修了。その後、建築事務所での勤務し、ワシントン大学とハーバード大学で都市デザインの準教授を務める。1965年に帰国、槇総合計画事務所を設立。代表作には、代官山ヒルサイドテラスのほか、スパイラル、幕張メッセ、東京体育館などがある。主な受賞歴は、1962年日本建築学会賞、’90年トーマス・ジェファーソン建築賞、’93年プリツカー賞、2011年AIAゴールドメダルなどを受賞。国内外で高い評価を得る20世紀を代表する建築家のひとり
PHOTOGRAPH BY KAORU HIRANO
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.