片岡仁左衛門(KATAOKA NIZAEMON)

歌舞伎俳優。1944年生まれ。すらりとした容姿、華のある芸風、爽やかな口跡で、現代の歌舞伎を代表する立役のひとり。義太夫狂言の主役、荒事、上方の和事から色悪まで、幅広い芸域で活躍。『菅原伝授手習鑑』の菅丞相をはじめ、当たり役も数多い。十三代目片岡仁左衛門の三男。1949年に本名の片岡孝夫で初舞台。1998年に十五代目片岡仁左衛門を襲名。2006年紫綬褒章受章、日本芸術院会員。2015年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。2018年には文化功労者に選出された
PHOTOGRAPH BY KEISUKE ASAKURA
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.