歌舞伎ワールドへようこそ。劇場の扉、時空の扉、そして心の扉を開いて、絢爛たる異世界へと誘う連載。第十七回は、京都南座『三月花形歌舞伎』に出演中の尾上右近さんが登場

BY MARI SHIMIZU, PHOTOGRAPHS BY KEIKO HARADA

 歌舞伎俳優の尾上右近さんには、本名とは別に、もうひとつの名前がある。それは清元栄寿太夫(きよもと えいじゅだゆう)。歌舞伎に欠かせない音楽のひとつである清元の太夫(うたい手)としての名だ。右近さんは家元である清元延寿太夫の次男なのである。2018年に栄寿太夫を襲名し、歌舞伎にとっても清元にとっても異例の“二刀流”の道を歩み出した右近さんだが、そこに至るまでには秘かな「長い反抗期」があったという。

画像: 尾上右近(ONOE UKON) 1992年生まれ。七代目清元延寿太夫の次男。曽祖父は六代目尾上菊五郎。2000年4月、歌舞伎座『舞鶴雪月花』の松虫で岡村研佑の名で初舞台。七代目尾上菊五郎のもとで修行を積み、05年1月、新橋演舞場『人情噺文七元結』の長兵衛娘お久、『喜撰』の所化で二代目尾上右近を襲名。15年より自主公演「研の會」を行い、数々の大役にチャレンジ。スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』では主役のルフィを含む3役を演じて注目された。18年に七代目清元栄寿太夫を襲名。同年第三十九回松尾芸能賞新人賞受賞

尾上右近(ONOE UKON)
1992年生まれ。七代目清元延寿太夫の次男。曽祖父は六代目尾上菊五郎。2000年4月、歌舞伎座『舞鶴雪月花』の松虫で岡村研佑の名で初舞台。七代目尾上菊五郎のもとで修行を積み、05年1月、新橋演舞場『人情噺文七元結』の長兵衛娘お久、『喜撰』の所化で二代目尾上右近を襲名。15年より自主公演「研の會」を行い、数々の大役にチャレンジ。スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』では主役のルフィを含む3役を演じて注目された。18年に七代目清元栄寿太夫を襲名。同年第三十九回松尾芸能賞新人賞受賞

「役者を志したきっかけは、3歳の時に父方の祖母の家で曽祖父の六代目(尾上)菊五郎が踊る『鏡獅子』のビデオを観て、『僕はこれになる!』と強く思ったことでした。その念願がかない、役者として舞台に立たせていただけるようになったのは本当にうれしいことなのですが……。その一方で周囲の『清元はどうするの?』という何気ない一言に苛立ちを覚えた時期がありました。今思うと恥ずかしいのですが、当時の自分には『役者辞めて清元をやればいいのに』と聞こえていたんです」

 歌舞伎俳優としての在り方を模索する右近さんは、2015年23歳の時に自主公演「研の會」を立ち上げ、憧れの『鏡獅子』にチャレンジ。その時、もうひとつの演目に選んだのが『吉野山』だ。これは名作『義経千本桜』の一場面で、源義経の家臣である佐藤忠信が、静御前のお供をして桜満開の吉野山を旅する様子を描いた舞踊だ。いくつかのバリエーションがある中で、右近さんは伴奏音楽を清元で上演するやり方を選んだ。

画像: 『義経千本桜 吉野山』佐藤忠信 実は源九郎狐=尾上右近 Ⓒ SHOCHIKU

『義経千本桜 吉野山』佐藤忠信 実は源九郎狐=尾上右近
Ⓒ SHOCHIKU

「考えてみれば『鏡獅子』の衝撃の後に歌舞伎のさまざまな役と出会えたのは、清元というバックボーンあってのこと。その中で『吉野山』の忠信を踊るような役者になりたいと思うようになっていったんです。“憧れの役に出会う”という感覚も『吉野山』を通して知りました。だから第1回の自主公演で『吉野山』を踊るのは理にかなったことだと思えました。当時は栄寿太夫を襲名することになるなど夢にも思っていませんでしたが、あの時の『吉野山』で新たな道が拓けたように思います」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.