市川猿之助(ICHIKAWA ENNOSUKE)

父は四代目市川段四郎。伯父には三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。1980年7月歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝役で初御目見得。1983年7月歌舞伎座『御目見得太功記』で、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2012年6・7月新橋演舞場「二代目猿翁 四代目猿之助 九代目中車 襲名披露公演」において、四代目市川猿之助を襲名。古典から新作歌舞伎まで、また立役から女方まで幅広く活躍し、多くの熱狂的なファンを持つ。2020年に出演したテレビドラマ『半沢直樹』は社会現象となり、映像作品やバラエティでも圧倒的な存在感を示している
© SHOCHIKU
記事本文に戻る

人気記事

連載「歌舞伎への扉」 高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Design & Luxury

June 01, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.