細川護熙(ほそかわもりひろ)
1938年、東京都生まれ。朝日新聞記者を経て、衆参議員、熊本県知事、日本新党代表、内閣総理大臣を歴任。政界引退後、神奈川県湯河原の「不東庵」にて作陶、書、水墨画、漆芸などを手がける。この10年ほどは建仁寺、薬師寺、龍安寺ほか寺院の大型障壁画制作に数多く携わっている。財団法人永青文庫理事長。著書に『不東庵日常』(小学館)、作品集『晴耕雨読』(新潮社)、『胸中の山水』(青草書房)など

PHOTOGRAPH BY KENSHU SHINTSUBO
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.