マノロ・ブラニクの頭の中にあるもの

Profile in Style ―― Manolo Blahnik
『トーク・トゥ・ハー』、ブリジット・バルドー...。 マノロ・ブラニクの好きなもの、好きなこと

BY ALEXA BRAZILIAN, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO JUNE 19, 2017

画像: © FONDATION PIERRE BERGÉ - YVES SAINT LAURENT, PARIS/ALEXANDRE GUIRKINGER

© FONDATION PIERRE BERGÉ - YVES SAINT LAURENT, PARIS/ALEXANDRE GUIRKINGER

「2003年にロンドンのデザイン・ミュージアムで展示会の監督をしたとき、イヴ・サンローランから届いたのが、1967年の『アフリカン・コレクション』のこのモデル。温度調整されたPVC(塩化ビニル)製の巨大なふたつのケースに入って送られてきたのさ」

画像: © SONY PICTURES CLASSICS / COURTESY EVERETT COLLECTION

© SONY PICTURES CLASSICS / COURTESY EVERETT COLLECTION

「ペドロ・アルモドバルの『トーク・トゥ・ハー』(’02年)は最高の映画だよ。彼はフランコ政権以降の新しいスペインをよく理解している」

画像: © MGM / PHOTOFEST

© MGM / PHOTOFEST

「ブリジット・バルドーの脚は果てしなく長い! マレーネ・ディートリヒやケイト・モスも同じ。僕は”極端”が好きなんだ」

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.