PVC素材が流行中の今年は、単に雨をしのぐだけではない魅力的なレイングッズが多数登場している。梅雨時期をポジティブに、ファッショナブルに過ごすための最新アイテムを紹介

BY ASATO SAKAMOTO

 草木をうるおす良い雨のことを「甘雨」、または「慈雨」と呼ぶが、今の時期、何日も雨が続くとつい恨めしく思ってしまう。しかし、ボブ・マーリーは言っていた。「雨を感じられる人間もいれば、ただ濡れるだけの奴らもいる」と。

 梅雨は、春の終わりであり夏の始まりを告げる日本ならではのシーズン。うるおい輝きを増す緑の美しさを見つけに、もっと雨の中へ繰りだそう。機能性もデザイン性も兼ね備えたレイングッズが、その最高のアシストをしてくれる。

画像1: 梅雨の過ごし方を変える
レイングッズ7選
画像: COURTESY OF VIA BUS STOP

COURTESY OF VIA BUS STOP

傘の丸いフォルムが特徴のFULTON。その代名詞アイテム“Birdcage”に、DEVASTEEとのコラボレーションアイテムが登場。ブラックのハンドルが、ポップな世界観をぐっと大人っぽく見せてくれる。
傘(全2種)各 ¥6,000
VIA BUS STOP MUSEUM(フルトン×デヴァステ)
TEL. 03(5459)1567

画像: COURTESY OF MUVEIL

COURTESY OF MUVEIL

MUVEILが得意とする刺繍が、今期はビニールコートにON。中に着るもので表情が変化するので
連日の雨でも飽きずに楽しめる。
ビニールコート ¥220,000
GALLERY MUVEIL(ミュベール)
TEL. 03(6427)2162
www.muveil.com

画像: COURTESY OF ILSE JACOBSEN HORNBÆK

COURTESY OF ILSE JACOBSEN HORNBÆK

ブランドのシグニチャーであるレースアップブーツは、サイズ感を調整できるのはもちろん、ジョッパーブーツ風デザインで雨が上がったあとに履いていても浮かないのが嬉しい。さらに、コットン&ビスコースの特殊ライナーで蒸れ知らず。
ナチュラルラバー製レインブーツ (左)BLACK ¥25,000、(右)ATMOSPHERE ¥25,000
ILSE JACOBSEN HORNBÆK 東急本店(イルセヤコブセン ホーンバック)
TEL. 03(3477)3877
ILSE JACOBSEN

画像: COURTESY OF NANA-NANA

COURTESY OF NANA-NANA

今年らしいPVCアイテムは、雨の日こそ思いっきり楽しみたい。シンプルを追求したデザインに、“TRASH BOX” のロゴというユーモアも一興。
TRASH BOX(ミディアムサイズ)(左)クリア ¥7,000、(右)パープル ¥7,000
MIDTOWN PROJECT(ナナナナ)
MIDTOWN PROJECT

 

This article is a sponsored article by
''.