先が見えない時代のファッションは世界の混乱を反映するか、もしくは、現実から目を背けさせようとするものだ。今シーズン、ファッションはかつてないほどに時代の様相をまざまざと映し出している

BY ALEXANDER FURY, PHOTOGRAPHS BY MARTON PERLAKI, STYLED BY MALINA JOSEPH GILCHRIST, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO

画像: 分厚いパッド入りの、ボディラインを隠すようなシルエットが特徴の服。 着る人を守ってくれるリック・オウエンスのこのウェアは、 亀の甲のようにも、テントのようにも、バックパックのようにも見える 定住地を持たずに、自分の所有物それ自体が マイホームとみなされる時代にふさわしいファッションだ チュニック(参考商品)、パンツ¥54,000、 レッグアクセサリー¥67,000、サンダル¥177,000 イーストランド(リック・オウエンス) TEL. 03(6712)6777

分厚いパッド入りの、ボディラインを隠すようなシルエットが特徴の服。
着る人を守ってくれるリック・オウエンスのこのウェアは、
亀の甲のようにも、テントのようにも、バックパックのようにも見える
定住地を持たずに、自分の所有物それ自体が
マイホームとみなされる時代にふさわしいファッションだ

チュニック(参考商品)、パンツ¥54,000、
レッグアクセサリー¥67,000、サンダル¥177,000
イーストランド(リック・オウエンス)
TEL. 03(6712)6777

「闘争・逃走反応」、つまり動物が怒りを感じると闘争し、恐怖を感じると逃走するという適応反応を初めて提唱したのはアメリカの生理学者ウォルター・ブラッドフォード・キャノンだ。同じひとつの出来事が恐怖をもたらすこともあれば、怒りを招くこともある。これこそ現在のデザイナーと私たちが本能的に感じていることではないか。人類は生き残れるのか、デザイナーとして生き延びられるか、ビジネスは維持できるかという恐れと、理不尽な現代社会への怒りにはさまれて、誰もが行き詰まりを感じているのだ。リック・オウエンスは「ショーを通じて恐怖心をはねつける姿勢を見せたかった。恐怖から逃げるんじゃなく、恐怖を追い払うんだってことを」と説明する。

それとは対照的に、夢想の世界を描いたのはグッチのアレッサンドロ・ミケーレだ。ミラノのショーでは、ネオフォークロアのきらびやかなドレスを着た、素性不明のアウトローたちが、古代芸術に囲まれた空想の空間に現れた(芸術作品の複製はローマ郊外のチネチッタ映画撮影所から運ばれてきたものだ)。闘争と逃走、宿命論者と夢想家――これが今シーズンのキーワードなのだ。だが黙示録的な出来事から身を守り、そこに立ち向かう方法などいったいあるのだろうか。

世界の終わりといえば、大洪水や小惑星の衝突に、人類消滅といったハリウッド映画並みのショッキングな世界滅亡の光景が思い浮かぶ。最後の審判のイメージも付随する。けれどいま瀕している末期的危機は、地球の崩壊ではなく、既成の秩序や従来のビジネス方式が崩壊するという危機にすぎない。具体的にビジネス面では、これまでのコレクションのサイクルや、メンズ・レディスという概念はもはや意味をもたず、通用しなくなるということだ。そんなわけで、どのメゾンもジェンダーについて考え直し、過去のリバイバル、文化のいいとこ取り、手抜きのラグジュアリーなどといったものは封印しようとしている。もっと流動的で、なんのカテゴリーにも属さない、新しい何かを見つけ出すために。

 リック・オウエンスは、ショーのインスピレーションソースは、フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティの『未来派宣言』だったと言う。これはイタリアの詩人で政治活動家であるマリネッティが1909年に書いた芸術思想文書だ。「女性に対する見解と書物を焼き捨てた点がこのムーブメントの残念なところでね」と、彼はいつもの平然としたトーンで言いきった。「この過激なユートピア運動の興味深いところは、善意に満ちあふれたスタートだったのに、途中から悪いほうに道がそれて、跡形なく消えてしまったこと。その後は、新たな希望の波が地平線の彼方に現れるのをじっと待つしかなかったのさ」

MODEL BY ACHOK AT DNA MODEL MANAGEMENT, HAIR BY ADAM SZABO AT FRANK REPS USING ORIBE, MAKEUP BY YUMI LEE AT STREETERS USING NARS COSMETICS, CASTING BY ARIANNA PRADARELLI, PHOTOGRAPHER’S ASSISTANTS BY GABRIELA WOROSZ AND ALEXANDRE HERTOGHE, STYLIST’S ASSISTANT BY GAGE DAUGHDRILL

 

This article is a sponsored article by
''.