「20代のはじめに、サンガレンの最初のアパートに引っ越したときのこと。アート作品をひとつも所有していなかったので、小さな家具店でこの水彩画を買い求めました。この絵について何の手がかりもなかったのですが、ル・コルビュジエが手がけたロンシャン礼拝堂を10年前に訪れたとき、これと同じ鳥がステンドグラスのひとつに描かれているのを見たのです。私はこの鳥をシジフォス(ギリシャ神話に登場する、重い岩を山頂まで持ち上げ続ける苦行を永遠に科せられた人物)と呼んでいます。われわれの日々の暮らしを象徴していると思うからです。前に飛んだり後ろに飛んだり、上がったり下がったりしつづける毎日を」

LE CORBUSIER, “UNTITLED,” WATERCOLOR OF A BIRD, © F.L.C./ADAGP, PARIS/ARTISTS RIGHTS SOCIETY(ARS), NEW YORK 2018, COURTESY OF AKRIS
記事本文に戻る

人気記事

連載「歌舞伎への扉」 ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.