「そろそろ、ひとやすみ」。手もとの時計がそう告げたら、お茶の支度を。お気に入りの腕時計とカップと、それからおいしいお茶。毎日を気分よく過ごすための三種の神器かもしれません

BY HIROKO NARUSE, PHOTOGRAPHS BY MASANORI AKAO, STYLED BY YUKARI KOMAKI

画像1: 美しい時計と
素敵なカップがあれば

 ダイヤモンドとピンクのストラップでドレスアップしたジュエリーモデルのタンク ウォッチ。知的でエレガントなたたずまいは、ビジネスシーンから優雅なアフタヌーンティーまで万能にフィットする。鎖の柄がモダンな、ジノリのデミタスカップ&ソーサーは、かつてブランドのアートディレクターとして活躍したイタリアデザインの巨匠、ジオ・ポンティの図案に着想を得たデザイン。伝統を現代的に解釈したデザインとカラフルな色彩が、永遠のモダニティを謳う時計の世界観と響きあい、洗練された女性にふさわしい時間を演出する。

タンク ルイ カルティエ ウォッチ
<SM/29.5×22mm/K18WG、ダイヤモンド、手巻きムーブメント、アリゲーターストラップ>
¥1,950,000
パリ ヌーベルバーグ リング
<K18WG>
¥882,500
カルティエ カスタマー サービスセンター
(カルティエ)
フリーダイヤル:0120-301-757

“カテーネ”コレクション
蓋つきデミタスカップ&ソーサー 各¥10,000
トレイ ¥27,000
リチャード ジノリ・アジアパシフィック
(リチャード ジノリ)
TEL. 03(3222)1735

ブラウス/スタイリスト私物

画像2: 美しい時計と
素敵なカップがあれば

 ブランドのアーカイブのデザインにインスパイアされて誕生した、アールデコスタイルのカクテルウォッチ。カラーとクラリティが調和した全部で2.36カラットのラウンドブリリアント カットとバゲットカットのダイヤモンドが、レクタンギュラーケースを取り巻く。宝石箱から抜け出てきたような時計は、ドレスはもちろん、和の装いの手もとにもしっくりと。遊び心あふれるレースの着物にアールデコの時計で、時空を自在にクロスオーバー。観劇の幕間やカクテルパーティの前後など、華やかな時間のはざまを彩るひと役に。

ティファニー アールデコ カクテルウォッチ
<49×15.8mm/K18WG、ダイヤモンド、MOP、クォーツムーブメント、サテンストラップ>
¥3,660,000
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク
(ティファニー)
フリーダイヤル:0120-488-712

陶芸家・深澤和弘氏の茶器 ¥16,000
桃居
TEL. 03(3797)4494

レースの着物 ¥99,000
半襟、帯締め(ともに参考商品)
きものやまと
(ドゥーブルメゾン)
フリーダイヤル:0120-1-8888-0

※この写真は茶席をイメージしたものではありません

 

This article is a sponsored article by
''.