2019年春夏コレクションは「アナグラム」(「Fendi」を「Fiend(悪魔)」に、「Roma」を「Amor(愛)」に)、「錬金術の記号」「相反する二つの世界」(天国と地獄)というテーマをデザインに落とし込み、ストリートをハイファッションへと昇華。写真の白いシャツはただのコットン素材に見えるが、実際は上質のスエードを使用。ストライプのインターシャ(編み込み模様)はレザー。こうだと思っていたものが触れてみたらまったく別のものだった――。私はそんなちょっとした手品のような演出が好き。
COURTESY OF FENDI
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.