著名人が自慢の「コレクション」を公開する本連載。第11回は、ユークス ネッタポルテ グループ・ラグジュアリー部門の社長アリソン・ローニスのヴィンテージ・ジュエリー

BY JOHN WOGAN, ILLUSTRATIONS BY AURORE DE LA MORINERIE, TRANSLATED BY IZUMI SAITO

 ファッションEC大手、ユークス ネッタポルテ グループ・ラグジュアリー部門の社長アリソン・ローニス。ニューヨークで育ち、現在はロンドンを拠点に活動する彼女は、幼い頃にヴィンテージ・ジュエリーの洗礼を受けた。「母は素晴らしいセンスの持ち主で、よく1930年代、40年代の金のブレスレットをはめていました。私はその一つを20年前に譲り受けて、それから自分でも集めはじめたんです」。

 彼女がコレクションするのは19世紀以降のヴィンテージ・ジュエリーで、デザインサイト「1stdibs」から、アール・デコとベル・エポック専門のロンドンのオンラインショップ「The Jewel Gallery」まであらゆる場所から集めたものだ。ローニスは2007年に48歳で副社長としてNET-A-PORTER(ネッタポルテ)に入社し、2011年には社長に就任。メンズとウィメンズのサイトを統括する。今夏には、ハイジュエリーや高級時計を販売する招待制の専門ショップ「EIP プリヴェ」をネッタポルテ内に立ち上げた。

「夫の名付け親がちょうどこんな星座のペンダントを持っていて、それが長年忘れられなかった。ずっと似たものを探していて、昨年ようやく見つけました。獅子座は私の星座なんですよ」

画像: ゴールドの星座のペンダント、カルティエ、1970年代

ゴールドの星座のペンダント、カルティエ、1970年代

「2001年に購入した私の最初のコレクションで、蛇のデザインに惹きつけられて以来、ずっと虜ね。どんな服にも合わせて、いつもはずさずに身につけています」

画像: ゴールドのブレスレット、イリアス・ララウニス、1980年代

ゴールドのブレスレット、イリアス・ララウニス、1980年代

 

This article is a sponsored article by
''.