著名人が自慢の「コレクション」を公開する本連載。第11回は、ユークス ネッタポルテ グループ・ラグジュアリー部門の社長アリソン・ローニスのヴィンテージ・ジュエリー

BY JOHN WOGAN, ILLUSTRATIONS BY AURORE DE LA MORINERIE, TRANSLATED BY IZUMI SAITO

「ロンドン・メイフェアのMoira Fine Jewelleryのもので、結婚式で身につけた“サムシング・オールド”がこれ。モダンで、クラシックで、私のレースのウェディングドレスとも完璧にマッチしたんです」

画像: ゴールドのビクトリア朝のイヤリング、1850年代

ゴールドのビクトリア朝のイヤリング、1850年代

「この獅子座のペンダントは、私のことをよく知っている、同じくジュエリー・コレクターでもある友人が、どこで手に入るか教えてくれたもの」

画像: ゴールドの星座のペンダント、ヴァン クリーフ&アーペル、1970年代

ゴールドの星座のペンダント、ヴァン クリーフ&アーペル、1970年代

「夫からの贈り物で、毎日指にしているリングです。サファイアの色が地中海を思い起こさせるでしょう?」

画像: アール・デコのサファイアのリング、1920年代

アール・デコのサファイアのリング、1920年代

「母から譲り受けたブレスレット・コレクションのひとつ。母とはとても仲がよかったから、身につけるだけで力が湧いてくる。ワンダーウーマンのブレスレットのようなものね」

画像: ローズゴールドのブレスレット、1940年代

ローズゴールドのブレスレット、1940年代

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.