連載第3回めは、集まりのある日のおもたせや、季節の贈り物。いちばん出番が多くお役立ちなのは、気の利いた“お飲みもの”

PHOTOGRAPHS BY JOHN CHAN, STYLED BY MASAYO KOORIYAMA, EDITED BY YUKINO HIROSAWA

画像1: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

「ポルトガルを代表する造り手による、有機栽培のヴィーニョ・ヴェルデ。和食にも合う」とポルトガル料理に精通する馬田草織さん。

ソアリェイロ プリメイラス ヴィーニャス 2015
<750ml>¥3,500
木下インターナショナル
TEL. 03(3553)0721
グラス/スタイリスト私物

画像2: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

贈るなら、味も名前もいいお酒。パルファン・クリスチャン・ディオールPRの藤本教子さんのお墨つき。

(左)無肥料・無農薬米で仕込む「悦凱陣 山廃純米酒 亀の尾」
<720ml>¥2,750
丸尾本店
TEL. 0877(75)2045
(右)低温醸造した「開運 特選 純米吟醸」
<720ml>¥2,100
土井酒造場
TEL. 0537(74)2006

画像3: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

伝統的なボルドーワイン「シャトー・カロン・セギュール」。「メゾンの物語にもラベルにも愛情が満ちています。お祝いごとに」と『葡萄酒物語』(小学館)の著者・安齋喜美子さん。

シャトー・カロン・セギュール 2014
<750ml>¥11,000
ワインショップ・エノテカ 広尾本店
TEL. 03(3280)3634

画像4: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

エディターの秋田ゆみ子さんもごひいき、100%自社栽培・醸造にこだわるワイナリー。富山県産のふじを使った、複雑な香味の「シードル」と夏季の完熟桃の「ピーチジュース」。

(左)ピーチジュース <1000ml>¥1,200
(右)シードル <750ml>¥1,800
AYS FARM
TEL. 0766(72)8288

画像5: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

アマン初の都市型ホテル「アマン東京」発。谷井農園の不知火オレンジ、完熟マンゴーやピンクグレープフルーツなどのジュースは、とろり濃厚で果実そのもの。アヴェダPR 有吉由妃さんおすすめ。

フルーツジュース
<180ml> 各¥980
ザ・カフェ BY アマン
TEL. 03(5224)3332

画像6: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

スタイリスト伊藤まさこさん推薦。ワイン醸造用ぶどうを搾るだけの無添加ジュースは、「呑めない人でも、お酒を楽しんでいる気分に」。

トラウベンモストの赤ぶどう・白ぶどうジュース
<1000ml> 各¥1,600
エイ・ダヴリュー・エイ
TEL. 0798(72)7022

画像7: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

料理家の冷水希三子さんが信頼を寄せる「ウーフ」。「店主の大西泰宏さんのブレンド茶のファンです」。

(左)ルイボスブレンド「ソレイユ」
<100g> ¥1,800
(右)春摘み紅茶に、ブルガリアンローズ精油とカモミールの「アンバー」
<50g> ¥1,800 ※缶は別売り
Uf-fu
TEL. 0797(38)4788
カップ/スタイリスト私物

画像8: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

美容エディターの原千乃さん愛飲。「『TEAtriCO』の"ティート"。甘酸っぱいフルーツティーで、ドライフルーツはそのまま食べられます」。

(写真右より)「パルフェ」、「フレスカ」<各50g> 各¥880
「ストロベリー」<50g> ¥713
TEAtriCOオフィシャルショップ
TEL. 024(939)4300

画像9: 目利きのお墨つき! 
心を伝える贈り物<Vol.3> 
フード篇

球状に丸めた茶葉で、お湯を注ぐと見目麗しい花が咲く工芸茶。癒やし効果のある百合の花とキンモクセイの「流星」、ジャスミンと千日紅の「平和」など、「効能に合わせて選んで」と編集W。緑茶がベース。

工芸茶 各¥350~
サウス アベニュー
TEL. 03(3334)3768
ポット、グラス/スタイリスト私物

目利きのお墨つき! 心を伝える贈り物<Vol.2>へ

目利きのお墨つき! 心を伝える贈り物<Vol.4>へ

 

This article is a sponsored article by
''.