シェパニーズの元料理長と「BEARD」のオーナーが手を携えて生まれた「the Blind Donkey」。その優しく奥深い味わいを培う哲学とは――

BY YUMIKO TAKAYAMA, PHOTOGRAPHS BY BUNGO KIMURA

画像: 原川慎一郎さん(右)、ジェローム・ワーグさん(左)

原川慎一郎さん(右)、ジェローム・ワーグさん(左)

 カリフォルニアの地産地消レストランの先駆け「シェパニーズ」の料理長だったジェローム・ワーグさんと、目黒の人気店「BEARD」のオーナーシェフ、原川慎一郎さん。数年前、「オープンハーベスト」という食のイベントを通じて出会い、その後、原川さんが「シェパニーズ」で研修をしたりと交流を深めてきた。そのふたりがタッグを組んだ新しいレストラン「the Blind Donkey」が話題だ。

昨年12月のオープン前に、ふたりは九州から北海道まで食材を探す旅に出、多くの生産者と対話した。「自然と向き合い、サステイナブルな農業に取り組む農家の食材を使用しています。地球の環境に対し私たち人間は責任がある。料理を通じて自然の大切さを感じてほしい」とジェロームさん。

画像: ¥8,000のコースから「栃木軍鶏のグリル、柚子と野菜のロースト」。併設のバーでは軽食も楽しめる。コースのメニューは、季節や天候、畑など自然の様子によって変わる

¥8,000のコースから「栃木軍鶏のグリル、柚子と野菜のロースト」。併設のバーでは軽食も楽しめる。コースのメニューは、季節や天候、畑など自然の様子によって変わる

北海道ニセコ産のビーツはフェンネルと出来立てのリコッタチーズと合わせ、宮城県石巻の仔鹿のリゾットは山椒をアクセントに、栃木軍鶏のグリルは自家製の柚子コンフィと合わせてモロッコ風に。カリフォルニアキュイジーヌの技術をベースに、日本の食材の新たな魅力を引き出すセンスはさすが! のひとこと。シンプルでありながらも、独創性、サプライズに富んだ一皿一皿に魅了される。

the Blind Donkey
住所:東京都千代田区内神田3-17-4 1F
営業時間:17:00(レストラン18:30)〜23:30
定休日:日・月曜
電話: 03(6876)6349 
※レストランは要予約、バーは予約不要
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.