洗練された空間で滋味あふれるイタリア郷土料理を堪能したあとは、ペルー産カカオのデザートを。行きつけにしたい1軒を高山裕美子がガイド

BY YUMIKO TAKAYAMA, PHOTOGRAPHS BY KAN KANBAYASHI

画像1: イタリア郷土料理と
アマゾンカカオが織りなす至福
「NATIVO」

 フェリナータ(ひよこ豆の薄いパン)、ピエモンテ風玉ねぎのオーブン焼き、トスカーナ風ウサギのフリット...... メニューに並ぶのはイタリアの郷土料理。「派手さはないけど素朴で滋味深い料理ばかりです」と瀧本貴士スーシェフが話すように、見た目は潔いぐらいシンプルだ。しかし食材のよさ、新鮮さに加えて、火入れや塩味の決め方、味わいと食感のバランスなどすべてが絶妙で、「おいしい!」と思わず笑みがこぼれてしまう。ウイキョウのグラタン仕立てのオーブン焼きや鮎のそば粉フリットなど、旬の食材を使った黒板の日替わりメニューもそそられるものばかり。

料理のほかに絶対に食べてほしいのが、ペルー産のクリオロ種のカカオを使ったデザート。たとえばカカオジェラートは、カカオときび糖、水が原料のベースだが、カカオがもつフルーツの酸味や豊かな複雑味、ピュアな余韻に驚かされる。空間のセンスのよさも魅力の、常連になりたい一軒だ。

画像: トスカーナの名物、ポマローラソースのスパゲッティ¥2,500 ストラッチャテッラチーズがクリーミー

トスカーナの名物、ポマローラソースのスパゲッティ¥2,500
ストラッチャテッラチーズがクリーミー

画像: カカオジェラート¥1,500 純度100%のカカオをたっぷり削っていただく。店内ではカカオを使ったフォンダンカカオ、ポップコーンに加え、ペーストも近日発売予定

カカオジェラート¥1,500
純度100%のカカオをたっぷり削っていただく。店内ではカカオを使ったフォンダンカカオ、ポップコーンに加え、ペーストも近日発売予定

NATIVO(ナティーボ)
住所:東京都世田谷区上馬1-17-8
営業時間:18:00〜24:00(22:30 LO) 
定休日:日曜・月曜不定休
電話:03(6450)8539 
※要予約
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.