黒龍酒造の水野直人社長(右)は、「日本酒は時間を経て、どんどんまろやかな味になります。もちろん、味のふくらみや複雑さも加わります。この試みが業界全体に広まれば、日本酒の価値がさらに上がるでしょう」。「京都吉兆嵐山本店」の徳岡邦夫氏(左)は「ワインと同様、投資対象となるような価値のある日本酒がこれから出てくることを期待しています」
PHOTOGRAPH BY HAYATO TAKAMI
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.