マリー・アントワネットに愛されたふたつのメゾン、シャンパーニュ「レア」とジュエラー「メレリオ」がコラボレーション。世にも美しい「レア ル・スクレ」を誕生させた。現代に蘇った“王妃のシャンパーニュ”の秘密に迫る

BY KIMIKO ANZAI, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

 2018年9月、ハイジュエリーをまとった究極のシャンパーニュが誕生した。「レア・シャンパーニュ」から限定リリースされた、「レア ル・スクレ」だ。これは、同社の最高醸造責任者レジス・カミュが特別に熟成させていたキュヴェに、1613年創業のフランスの老舗ジュエラー「メレリオ」が特別な装飾デザインを施したもの。

画像: まばゆいライトに照らされ、ジュエリーのように輝く「レア ル・スクレ ゴールドスミス」と「レア  ル・スクレ ハイジュエリー」

まばゆいライトに照らされ、ジュエリーのように輝く「レア ル・スクレ ゴールドスミス」と「レア  ル・スクレ ハイジュエリー」

 コレクションは、24金プレートに「メレリオ」のブランドロゴが刻印された「レア ル・スクレ ゴールドスミス」と、ゴールドとプラチナのリボンに1.38カラットのルビーを施した「レア ル・スクレ ハイジュエリー」のふたつ。リボンには、総量約4.34カラットのダイヤモンドがちりばめられている。ミュズレ(金属製の栓押さえ)も24金プレートで作られ、ボトルフロントには「Rare」のロゴが24金で描かれるなど、「メレリオ」ならではの高い金細工技術が生かされている。

 じつは、「レア ル・スクレ」誕生のきっかけとなったのが、“王妃 マリー・アントワネット”だ。「レア」は1789年5月6日、「メゾン パイパー・エドシック」の創始者であったフローレンス・ルイ・エドシックが王妃に献上した同社最高級ラインのヴィンテージ・シャンパーニュ(当時のワイン名は「フローレンス・ルイ」)で、以後も王妃に愛飲されたことで知られる。一方、「メレリオ」は、当時新進気鋭のジュエラーだったが、マリー・アントワネットが初めての顧客となったことから“王妃のジュエラー”とも称されるメゾン。マリー・アントワネットに愛されたブランドが、時を越えてめぐり会った形だ。

画像: マリー・アントワネットが実際につけていたと伝えられるカメオのブレスレット。 「当時、王侯貴族が身に着けていたのは、大きな石をあしらったものばかりでした。カメオは、言うなればコスチューム・ジュエリーのようなもの。カジュアルなジュエリーを率先して身に着け、“最先端”を楽しんだマリー・アントワネットは、やはりセンスがよかったのでしょう」とメレリオさん

マリー・アントワネットが実際につけていたと伝えられるカメオのブレスレット。
「当時、王侯貴族が身に着けていたのは、大きな石をあしらったものばかりでした。カメオは、言うなればコスチューム・ジュエリーのようなもの。カジュアルなジュエリーを率先して身に着け、“最先端”を楽しんだマリー・アントワネットは、やはりセンスがよかったのでしょう」とメレリオさん

「レア ル・スクレ」誕生の秘話を、レジス・カミュ氏はこう語る。
「これは、本当に偶然と幸運のたまものでした。私は1997年に収穫されたブドウで造ったキュヴェをプライベートカーヴの中で熟成させていたのですが、これを1年半前に当社CEOのブノワ・コラールとともに試飲したのです。すると、彼は『レジス、これは素晴らしいキュヴェだ! なにか特別なものにしなくては』と興奮しながら言いました。彼は同じ頃、テレビを見ていて『メレリオ』の歴史を知った。これが、彼に“マリー・アントワネットに愛されたブランド同士、なにかできる!”というインスピレーションを与えたのです」

画像: (左)「レア・シャンパーニュ」醸造責任者レジス・カミュ氏。「メゾン・パイパー・エドシック」の醸造責任者として「ロゼ ソヴァージュ」などの革新的なシャンパーニュを生み出す。来日は15回めで、「とにかく日本料理が大好き!」。今回も“鮨とシャンパーニュ”を楽しんだ。 (右)「メレリオ」14代夫人で、クリエイション・デザイナーのロール=イザベル・メレリオさん。来日は2回め。「日本は美しい国。インスピレーションをかき立てられるわ。以前、『ベルサイユのばら』の原作者・池田理代子さんにもお会いしたことがあるのよ」とにっこり

(左)「レア・シャンパーニュ」醸造責任者レジス・カミュ氏。「メゾン・パイパー・エドシック」の醸造責任者として「ロゼ ソヴァージュ」などの革新的なシャンパーニュを生み出す。来日は15回めで、「とにかく日本料理が大好き!」。今回も“鮨とシャンパーニュ”を楽しんだ。
(右)「メレリオ」14代夫人で、クリエイション・デザイナーのロール=イザベル・メレリオさん。来日は2回め。「日本は美しい国。インスピレーションをかき立てられるわ。以前、『ベルサイユのばら』の原作者・池田理代子さんにもお会いしたことがあるのよ」とにっこり

「ほどなく私は、彼の働きかけで『メレリオ』クリエイション・デザイナーでもあるロール=イザベル・メレリオさんに会ったのですが、これもまた運命的なものでした。私たちはお互いの背景にある世界を理解し合い、すぐに意気投合しました。そこにはいくつもの共通項があり、私たちは互いの仕事に深い尊敬の念を抱いたのです」

 この言葉を受け、ロール=イザベル・メレリオさんも語る。
「“マリー・アントワネットに愛されたこと”以外に私たちに共通するのは、どんな些細なことにも手を抜かないという正確なノウハウや、仕事に対する誇りでした。シャンパーニュはブドウから、ジュエリーは貴石から生まれます。私たちは“自然から生まれるものを美しく昇華させる“ということにおいて、大きな共通項を見出したのです」

画像: 「レア ル・スクレ ハイジュエリー」 <1,500ml>(ギフトボックス入り)。 オープン価格(編集部調べ 約¥30,000,000) 有名デパートの外商などで販売中。造られたのはダイヤ、ルビー、サファイヤ、エメラルドの4種のみで、日本版はルビー。限定1本だがオーダーは要相談。シャンパーニュは1997年に収穫されたブドウで造られたキュヴェ。シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%。唯一無二のシャンパーニュ

「レア ル・スクレ ハイジュエリー」<1,500ml>(ギフトボックス入り)。
オープン価格(編集部調べ 約¥30,000,000)
有名デパートの外商などで販売中。造られたのはダイヤ、ルビー、サファイヤ、エメラルドの4種のみで、日本版はルビー。限定1本だがオーダーは要相談。シャンパーニュは1997年に収穫されたブドウで造られたキュヴェ。シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%。唯一無二のシャンパーニュ

画像: 「レア ル・スクレ ゴールドスミス」 <1,500ml>(ギフトボックス入り)¥180,000(限定200本)。 全国有名百貨店、ワインショップなどで販売。 こちらもシャンパーニュは「レア ル・スクレ ハイジュエリー」と同じ。「レア」は、実際にマリー・アントワネットに捧げられたボトルの復刻版。「レア(珍しい)」という名の通り、現在に至るまで1976年、79年、85年、88年、90年、98年、99年、2002年、2007年(ロゼ)の9ヴィンテージしか生産されていない

「レア ル・スクレ ゴールドスミス」<1,500ml>(ギフトボックス入り)¥180,000(限定200本)。
全国有名百貨店、ワインショップなどで販売。
こちらもシャンパーニュは「レア ル・スクレ ハイジュエリー」と同じ。「レア」は、実際にマリー・アントワネットに捧げられたボトルの復刻版。「レア(珍しい)」という名の通り、現在に至るまで1976年、79年、85年、88年、90年、98年、99年、2002年、2007年(ロゼ)の9ヴィンテージしか生産されていない

 以後、「レア ル・スクレ」クリエイションの話はスムースに進んだ。そして、デザインに際し、メレリオさんが表現したいと思ったのが、ブドウの生命力だったという。「これには、マリー・アントワネットが私にインスピレーションを与えてくれました。王妃が好んだモチーフは結び目とリボン。これを『レア』の繊細な味わいに反映させてみたいと思ったのです。ホワイトプラチナはシャルドネ、イエローゴールドは光とピノ・ノワール。リボンや結び目は、ブドウの枝が伸びていくイメージを表現しています」

 自然の中から生まれたラグジュアリー。「レア ル・スクレ ハイジュエリー」を見ていると、自然と人間が手を携えると、こんなにも美しいものが誕生するのかと驚かされる。最後に、カミュ氏は、こう言ってほほえんだ。「シャンパーニュとジュエリーは、いつも“ペア”なのです。なぜなら、女性に指輪を贈る時には、シャンパーニュは必需品でしょう?」

問い合わせ先
日本リカー
TEL. 03(5643)9772
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.