平田シェフによる肉の前菜「親密な風景」。フランス料理のコースに漆の椀が新鮮だ。ペアリングされたのは大きな片口から平盃に注がれた能登の地酒、数馬酒造の「竹葉」。「盃や椀で、いちばん敏感な唇に触れる漆の感触と日本酒、料理のマリアージュを楽しんでいただければ」と赤木さん
PHOTOGRAPH BY JUNKO ASAKA
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 読者アンケート

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.