育種家・林慎悟(右)と、何種類ものぶどうが生い茂る林のぶどう畑で。林が10年かけて開発した「マスカットジパング」は今、大人気の品種だ。「たとえば育種家が醸造家へ苗木を無料で配布し、ワイン1本につき50円ほどのロイヤリティを得る方式にすれば、双方にメリットが生まれます」と大岡は語る
PHOTOGRAPH BY MASAHIRO GODA
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.