「髪はあるほうだと思っていたのに……!!」


 脱毛症の検査、治療からヘッドスパ、ヘアサロンまでをひとつのクリニックで行う、韓国随一の韓方クリニックの名医イ・ムンウォン先生。このほど来日したイ先生に、前頭部から後頭部まで頭皮を専用のスコープで診てもらった結果、なんと、初期の脱毛症が始まっているという診断だった。



イ・ムンウォン医師の来日時、会場でスコープによるチェックを体験



 20~30代の頃は本当に毛の量が多く、ひとつの毛穴から2、3本の毛が力強く生えていて、ヘアスタイルがなかなかキマらないほどだったのに――。そんな私の髪も、さすがに寄る年波には勝てなかったのか。スコープで撮った拡大写真の7、8cm四方の髪の本数を数えて脱毛症状を調べるのだが、27本あれば平均のところ、私は前頭部で23本、頭頂で25~27本、後頭部で29本とバラつきがあった。



ポイントとなる頭皮の各部分をスコープで撮影。

発毛密度を見ながら先生の診断をうかがう



「若い頃は後頭部よりも前頭部のほうが髪の本数が多いのが普通なのですが、今は逆転してしまっていますね」とイ先生。言われてみれば、確かに最近、髪の分け目がぱっかり開いて地肌が目立つなぁと思っていたところだった。次に先生は私の爪を見て、「薄くて弱いですね。乾燥で縦に筋が入っています。こういう人は脱毛症になりやすいんです」とひと言。聞けば、髪の毛と爪の構成成分は90%が同一。爪が弱くもろい人は髪の毛も弱く、抜けやすいという。「逆に髪の毛が薄いのに爪が丈夫な人もいます。そういう人は脱毛症の改善も早いんです」


 2002年のクリニック開業から脱毛、頭皮疾患の診療件数は7万件を超えるイ先生。脱毛症患者に、下記の11種類の共通点を見出した。そのうち、◎で示された項目は日本人に多く見られる症状だという。


◎睡眠不足                                                                                   

◎さまざまな頭皮のトラブル

◎肥満(高コレステロール血症、高脂血症)

◎更年期となって悪化

◎過度な緊張体質が多い

・爪の異常

・貧血

◎生理の乱れ

◎繰り返すダイエット

◎頭皮の熱感

・遺伝


 イ先生のクリニックでは、スコープによる頭皮の診断や血液検査、問診などの結果をみて治療を行う。そこにヘッドスパ、外用薬・内服薬、シャンプーや育毛剤によるホームケアを融合。併設のヘアサロンではパーマやカラーで頭皮が傷まないよう特別な治療剤をつけてから施術するという具合に、総合的な頭皮ケアをひとつのクリニックで行なえるのが大きな特徴だ。


「薄毛や脱毛には複合的な要因が絡み合っているので、それらを多角的にケアする必要があります。日本にはホルモン治療など西洋医学的アプローチによる脱毛症ケアのクリニックはありますが、韓方クリニックはないので、日本からもたくさんの患者さんが来てくださっていますよ」



検査・治療のほかヘッドスパ(写真)、ヘアサロンを併設し、

「頭皮&毛髪再生センター」を謳うイ・ムンウォン韓方クリニック



 そもそも毛穴は年齢とともに萎縮していくもの。頭皮には筋肉がなく、頭蓋骨と密着しているため、放っておくと毛穴はどんどん縮んでしまうものなのだそう。「完全に委縮してしまうと、もう改善はできません。何もしないままだと、25歳をすぎたら髪の毛の量は減る一方。脱毛症が起こっていない場合も、将来に備えて40歳ぐらいからは何らかの頭皮ケアを始めるべきです」とイ先生。逆に、完全に頭皮の毛穴が委縮していない限りは、何歳からでも改善は期待できるというだから、今からでも決して遅くはないわけだ。


 イ先生が頭皮や脱毛症の専門医となったのは偶然だという。

「もともとは、腰や脊髄の痛みを訴える人を診察していました。韓方では肝臓や腎臓に問題があると捉えるのですが、治療していると、患者さんから髪の毛が増えてきたという報告を受けるようになって。韓方で薄毛の治療ができるのではないかと考えたのです」。父親サイドの親戚がみんな頭髪が薄く、イ先生自身も将来に心配を抱えていたので、個人的な興味もあったという。普段のケアのおかげか、先生自身のふさふさの頭髪からは薄毛の予兆は見当たらない。



おだやかな口調で語るイ・ムンォン博士。人間を小宇宙としてとらえ、

頭髪を地上に生える草木にたとえる韓医学に基づいて

これまでに7万人以上の脱毛症患者を治療してきたスペシャリストだ



 最後にイ先生から、頭皮と髪のために毎日できることとして簡単なアドバイスを受けた。

「髪の分け目を週に1回程度変えること。これだけでも頭皮や髪の負担が少なくなり、地肌が目立つ感じはなくなります。そしてこの櫛を頭皮に当てるようにして毎朝毎晩、ブラッシングしてみてください」


 LEE MOON WONオリジナルの竹製の櫛は、韓国で作れる職人が3人しかいないという希少なもの。カッサのように頭皮に心地よい刺激が加わり、髪の毛の絡みがスーッとほどける。きわめて目の細かい櫛で1本1本のキューティクルが整うせいか、髪にツヤがよみがえり、根元から櫛を通すことでふわっと髪が立ちあがると、それだけで若々しい雰囲気に。

 髪は顔を引き立てる額縁。人生100年時代、ふさふさの黒髪は若さの決め手だ。そろそろ真剣に、頭皮ケアを始めてみたい。



イ・ムンウォン韓方クリニックのオリジナル頭皮ケアアイテム。

(左から)LMWオリジナル櫛(参考商品)、

頭皮シャンプー<150ml>¥5,900、ヘアマスクパック<150ml>¥6,500、

ヘアエッセンシャルセラム<100ml>¥6,500、

M字軟膏(M字型脱毛症専用)<30ml>¥5,800

こちらより購入可能




LEE MOON WON韓方クリニック


住所:3F LEE & Yu B/D 69-5 Cheongdam-dong, 

Gannnam-gu, Seoul, Korea

電話:+82-70-7492-5254(日本語専用ダイヤル)

診療:月・水曜10:00~19:00、火・金曜10:00~21:00、

土曜9:00~17:30 木・日曜休診

公式サイト(日本語版)






  • 1