12月に国内2度目の個展が開催される香取慎吾。「出し惜しみなく自分をさらけ出したい」と切望するアーティストとしての心情を明らかにした

TEXT, PHOTOGRAPHS BY T JAPAN

画像: 3年ぶりの個展とあって、自身のアート作品を多くの人に見てもらえる喜びがその表情からもうかがえた

3年ぶりの個展とあって、自身のアート作品を多くの人に見てもらえる喜びがその表情からもうかがえた

 2018年パリ・ルーブル美術館で開催された自身初の個展、そして2019年に東京で開催された日本初個展から約3年。香取慎吾の国内2度目となる個展『WHO AM I―SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR―』の開催が決定した。渋谷ヒカリエで12月7日から来年1月22日まで開催され、その後は全国の主要都市を巡回する予定。このたび記者発表会が開かれ、香取が開催に向けての意気込みを語った。

──3年ぶりの個展開催に込めた想いは?

「絵を描くことが好きで、子どもの頃からずっと絵を描いているのは、人に見てもらいたい、いいねぇって素敵だねぇって言ってもらいたい、だから描いているという部分があります。また個展を開きたい……そのために3年間、ほかの仕事を頑張ってきました(笑)。今年は渋谷ヒカリエの開業10周年記念のロゴマークを僕が制作させてもらっていて、そんな場所で個展を開催できるというのを、とても嬉しく思っています」

画像: この個展を通して、これまで以上に自分のことをひとりでも多くの人に知ってほしい、と熱く語る姿が印象的

この個展を通して、これまで以上に自分のことをひとりでも多くの人に知ってほしい、と熱く語る姿が印象的

──出展作品と、今回のタイトル『WHO AM I』について

「先ほど出展作品を決めたんですが、聞いたら198点だと。なので、今からあと2点新しく描きます、なんで200点にしなかったんだろう(笑)。前回の個展でも出展したものが100点くらいありまして、さらに100点近くは今回初出展です。最近まで草彅剛と舞台をやっていたんですが、その期間中にも描いていました。舞台が終わったら劇場からアトリエに行って描いて。大きいもので3メートルくらいの作品もあります。舞台の千秋楽あたりでもずっと描いていました」

「僕は何者なんだろう……そんな思いがずっとあっての『WHO AM I』なんです。自分は誰なんだろう、それが香取慎吾をやっていて楽しいところなんです。お芝居をしたりバラエティでお笑いをしたり、音楽、そして絵を描いて個展をさせてもらったり……いろいろな自分になる僕が、“自分は誰?”って言いながら、笑顔いっぱいの自分がいることが誇らしくて、それが嬉しさで楽しさでもあります。また、ちょっとマイナスな面で言うと、ふと自分が何者なんだろうって分からなくなる時もあって。そんなものが僕の絵の中に詰まっているんです。だから“皆さんが知っている慎吾ちゃん”を見られる絵もありますし、この絵香取慎吾が描いたの!? っていう“皆さんの知らない香取慎吾”も見られる個展になっていると思います」

画像: 「香取慎吾のことを、とてもよく知ってくれている方でもまだ知らない部分がたくさん見られると思います」と自信をのぞかせた

「香取慎吾のことを、とてもよく知ってくれている方でもまだ知らない部分がたくさん見られると思います」と自信をのぞかせた

──前回の個展から進化していることは?

「より香取慎吾の深い部分を見てもらえる個展になっていると思います。本当に深い部分……『黒うさぎ』というキャラクターがありまして、時々僕の絵に登場するんですけど、初めて黒うさぎを描いた絵だったり、出展するかどうか少し迷ったような作品もあります。今回3年ぶりですけど、そんなに人生で何度も何度も個展を開けるわけではないので、もう出し惜しみなく自分をさらけ出していこうと思っています! はじめての僕を皆さんに見てもらえたらと思います」

──今回の個展はどんな方に見てほしい?

「香取慎吾をとてもよく知ってくれている方はもちろんのこと、“とてもよく知ってくれている方でもまだ知らない部分”が今回はたくさん見られると思います。そして、ちょっとだけ慎吾ちゃんを知って生きてきた方には、慎吾ちゃんの個展があるんだったら見てみたいな、って思っていただけたら。今回はジャパンアートツアーとして、(ヒカリエでの開催後に)全国のいろいろな場所を回るということで本当にうれしく思っています。これから僕の絵が各地を飛び回るので、全国の皆さんに香取慎吾をもっと知ってもらいたいです。こんなに長くやってきているけれど、もっと知ってもらいたいんです、僕のことを」

画像: キービジュアルが表現しているものを記者陣に解説。時に笑いを交えながらも、アーティストとしての表情と声で語った

キービジュアルが表現しているものを記者陣に解説。時に笑いを交えながらも、アーティストとしての表情と声で語った

──キービジュアルに込められた意図は?

「僕の中の僕が飛び出してきた、自分でも分からないような、皆さんも分からないような僕が見られる個展というのを表現していると思います。自分の中に湧き出るもの……右と左で人それぞれ違う側面を持っていたり、僕の中でも本当にいろいろな面があるので。(髪の毛から滴っている黒い液体は)これは僕の中の僕。それが絵の具となって色となって、キャンバスに描かれていくイメージです」

 これだけ長いキャリアを築き、その名を知らない人はいないほどのスターである香取だが、まだまだ知られていない自分の内面を、一人でも多くの人にアート作品を通して知ってほしい、そして全国の人に楽しんでほしいという熱い想いを真摯に語る姿が印象的だった。アーティスト・香取慎吾の次なるステージに触れられる貴重な機会となるだろう。

画像1: 香取慎吾が「自分をさらけ出す」
3年ぶりの個展に込めた
アーティストとしての願望とは

『WHO AM I ―SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR―』
会期:2022 年12月7日~ 2023 年1月22日 ※2023 年1 月1 日は休館
会場:渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールA
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F
公式サイトはこちら

▼あわせて読みたいおすすめ記事

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.