「私の制作する題材はおもに、生きているもの。植物にしても動物にしても、外界に適応して生きようとする有機的な生命力、絶え間なくほとばしるエネルギーみたいなものに魅力を感じます」
PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.