モダンデザインは常に楽観的な視点で、未来をよりよくする方法を模索してきた。だがパンデミックや環境災害といった従来の仮説が現実化するなか、デザイナーや建築家が世界を前進させるためにできることはただひとつ、後ろを振り返ることだ

BY NIKIL SAVAL, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO

 デザインとは本質的に未来を示唆するツールだ。作家マギー・グラムが指摘しているように、1960年代のモダンデザインの立役者たちは、“構想”とほぼ同じ意味で“デザイン”という言葉を頻用した。構想と同様にデザインとは、未来にもっとも密接に結びついた職業分野だったからだ。この点は今も変わらないが、20世紀の間ほぼずっとユートピアと同義だった“未来”は、21世紀に入ってから徐々に、陰鬱な影に覆われるようになった。次々と危機に直面する地球で、デザインの今後の役割を考えるうえで、まずその多義性について述べておきたい。デザインは時代ごとに、デッサンや建築を指すことも、プロダクトやグラフィックを意味することもあった。実際のところ、自然の創造物(インテリジェントデザイン《註:知性ある何かが宇宙や生命を創生したという説》という滑稽なコンセプトもここに加わる)以外のすべてがデザインなのだ。

インダストリアルデザインという職業は20世紀初めに生まれたが、その定義はおぼろげで、あらゆる目的を掲げていたため、デザイナーたちは自らをほぼ万物の創造主のように感じていた。さらにその黄金時代である20世紀半ばのインダストリアルデザイナーは、彼らだけが壮大な革命の鍵を握っているかのような物言いを好んだ。1969年、チャールズ・イームズは「デザインにおいて限界はありますか?」という質問を受けた。パートナーのレイと、椅子、おもちゃ、建築物、映画、展覧会のほか、多少なりともコミュニケーションの本質までデザインした(註:コミュニケーション理論を解説する映像作品も手がけている)彼はこう答えた。「問題に際限などありますか?」

 新型コロナウイルス感染症が爆発的に流行し、世界の大部分がシャットダウンされる直前まで、数カ月にわたり多くの美術館ではデザインの未来について探り始めていた。増加する温室効果ガスの排出量をどうにか抑えなければ、壊滅的な温暖化を招くという不安が示す“実存的危機”を前に、これからのデザインはどうなるのだろうかと。2019年に出版された『地球に住めなくなる日』の著者、デイビッド・ウォレス=ウェルズは、地球の広域が荒れ果て、海岸線や島々は浸食され、大量の動植物が絶滅し、無数の人間が命を落とすというシナリオを描いている。つまるところ、近年のあらゆるデザインは、かつては想定する必要などないとされてきた問題に直面している。「描くべき未来がないのに、未来のために何をデザインするのか」と。

 この危機的状況を美術館という組織で考察した展覧会のひとつが『Designs for Different Futures(異なる未来のためのデザイン)』だ。現在、シカゴ美術館、フィラデルフィア美術館、ミネアポリスのウォーカー・アート・センターで共同開催されている。ここに描かれた未来は、パンデミック前に想定されたため、疫病よりも、気候変動、戦争、難民、監視社会に焦点が置かれている。フィラデルフィア美術館の展示作品で特筆すべきは《Resurrecting the Sublime(崇高なるものの再生)》(2019年)だろう。バイオテクノロジー企業「ギンコ・バイオワークス」と知覚経験を研究する「インターナショナル・フレーバー&フレグランス」社後援のもと、合成生物学者クリスティーナ・アガパキス、アーティストのアレクサンドラ・デイジー・ギンズバーグ、匂いの研究者でアーティストのシセル・トラースが、約200年前に絶滅した花の香りを再現した作品だ。このインスタレーションが喚起するのは「オルベキシリウム・スティプラトゥム(Orbexilum stipulatum)」、別名「フォールズ・オブ・ザ・オハイオ・スカーフピー(Falls-ofthe-Ohio scurfpea)」という顕花植物固有の香りである。3つの巨大な石灰岩が並んだ、2枚のガラス壁が囲うシンプルな空間にはムッとするような匂いが立ち込め、それが殺風景な美術館の中にまで漂っていた。ケンタッキー州のルイビル市近くに流れるオハイオ川の、今は水底に沈んだロック島で、この花が最後に目撃されたのは1881年のこと。バッファローの生息する環境が生育条件であったこの植物は、バッファロー乱獲のために絶滅したと考えられている。

画像: クリスティーナ・アガパキス、アレクサンドラ・デイジー・ギンズバーグ、シセル・トラースによるインスタレーション《Resurrecting the Sublime》(2019年)。「ギンコ・バイオワークス」「インターナショナル・フレーバー&フレグランス」後援のもと、絶滅した花の香りを再現した CHRISTINA AGAPAKIS, ALEXANDRA DAISY GINSBERG AND SISSEL TOLAAS, WITH SUPPORT FROM GINKGO BIOWORKS AND IFF INC., “RESURRECTING THE SUBLIME,” HIBISCADELPHUS WILDERIANUS ROCK (VITRINE WITH SMELL DIFFUSION, LAVA BOULDERS, ANIMATION, AMBIENT SOUNDSCAPE), INSTALLATION VIEW AT THE BIENNALE INTERNATIONALE DESIGN SAINT-ÉTIENNE © PIERRE GRASSET

クリスティーナ・アガパキス、アレクサンドラ・デイジー・ギンズバーグ、シセル・トラースによるインスタレーション《Resurrecting the Sublime》(2019年)。「ギンコ・バイオワークス」「インターナショナル・フレーバー&フレグランス」後援のもと、絶滅した花の香りを再現した
CHRISTINA AGAPAKIS, ALEXANDRA DAISY GINSBERG AND SISSEL TOLAAS, WITH SUPPORT FROM GINKGO BIOWORKS AND IFF INC., “RESURRECTING THE SUBLIME,” HIBISCADELPHUS WILDERIANUS ROCK (VITRINE WITH SMELL DIFFUSION, LAVA BOULDERS, ANIMATION, AMBIENT SOUNDSCAPE), INSTALLATION VIEW AT THE BIENNALE INTERNATIONALE DESIGN SAINT-ÉTIENNE © PIERRE GRASSET

 この作品が示すのは、「より快適な環境を求めるうちに、環境そのものを破壊した」という現代デザインの根底にあるパラドックスだ。この皮肉を念頭に置くと、今春の新型コロナウイルス感染症の爆発的流行が、デザイン業界ににわか景気をもたらしたのは至極当然なのかもしれない。株式市場や気候ではなく、感染状況に揺り動かされる昨今、建築家、都市プランナー、商品開発者は、公園や家、オフィスに新たなデザインを施した。3月には建築デザインのウェブマガジン『Dezeen』で、ウクライナの建築家兼デザイナーのセルゲイ・マフノが「今後はアパートよりシェルター風ハウスが人気を呼び、量産志向は廃れ、小規模農業やあらゆるものの自給自足が注目される」と予見していた。

ここニューヨークは、人々が肩を寄せ合い、上下に積み重なる住居に暮らすように設計された街だが、コロナ以降、地下鉄、公園の芝生の丘といった、都市生活のありふれた要素が突然回避すべき危険に変容した。ロックダウンの解除後は、こんなふうに変容したエレメントこそが、周囲の変化に影響を受けるデザインの象徴となっている。約2mのソーシャルディスタンスを保つため、公園にチョークで描かれた白い円がその一例だ。デザインのせいで都市が過密化し、ニューヨークでの感染拡大が加速したのなら、この危機をきっかけに、デザインはよりよい都市環境を目指すようになるかもしれない。

 もうひとつの展覧会は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館における『Countryside, The Future』(コロナ禍でニューヨークの文化施設は閉鎖を迫られ、3月以降休館となった)だ。建築家のレム・コールハース率いる研究機関兼シンクタンクの「AMO」が企画し、ポストヒューマンの世界における人類のデザインをテーマとしている。館内にくまなく展示されていたのは、都市以外の地域である“カントリーサイド”に関する、図表やオブジェ、エフェメラ(註:一時的な印刷物、本来長期保存されないもの)と写真にデータ。室内農業で栽培するチェリートマトにいたるまで、気候変動の終末論的側面をのぞくあらゆる事柄が、仔細なデータに基づいて考察されていた。

画像: アセルスタン・スピルハウス原作のノンフィクション・コミック『Our New Age』より。1958~’75年に多数の媒体に同時掲載され、環境災害に対する人々の意識を高めた ATHELSTAN SPILHAUS, “OUR NEW AGE,” 1967, COURTESY OF “THE EXPERIMENTAL CITY,” A DOCUMENTARY

アセルスタン・スピルハウス原作のノンフィクション・コミック『Our New Age』より。1958~’75年に多数の媒体に同時掲載され、環境災害に対する人々の意識を高めた
ATHELSTAN SPILHAUS, “OUR NEW AGE,” 1967, COURTESY OF “THE EXPERIMENTAL CITY,” A DOCUMENTARY

コールハースと彼のパートナーたちは「人類の大半は都市に集中し、地球上の残りの98%の土地は非都市域にあたる」という事実に衝撃を受け、さまざまな理由で放棄された半ば無人の地にスポットを当てることにしたそうだ。なかでも目を引いたのは日本の高齢農業者が筋力補強のために装着する“軽量パワーアシストスーツ”、ドイツやイタリアの難民危機の写真、観光客慣れしたウガンダのマウンテンゴリラなどだ。迫り来る温暖化はやはり避けては通れないテーマであり、中央シベリアの永久凍土融解を示唆するケナガマンモスの骨のレプリカが展示されていた。凍土融解が続けば、2030年頃には大気中の二酸化炭素濃度が驚異的に上昇し、気候危機を超えた悪夢が起きることになるという。

 希望を抱いて未来を描こうとしても、絶望的なシナリオにしかたどりつけない今、コンテンポラリーデザインは自らを否定して別方向を向くしかない。2019年に『Lo-TEK Design by Radical Indigenism』(ローテク:レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが1977年に竣工した、金属の内部構造がむき出しのパリのポンピドゥー・センターが代表する“ハイテク”デザインムーブメントの対義語。昔ながらの建築方式の意味もある)を出版した、アーバンデザイナーで活動家のジュリア・ワトソンは、世界各地の土着民族に知恵を借りようとしている。多くの民族が、長い年月をかけて気候災害や不測の事態に対処する方法を培ってきたからだ。ワトソンは、インドのメガラヤ州にある生きた根を編んで作った橋や、ペルーのチチカカ湖周辺でインカ人が営んだ高度な灌漑農業などについて研究を続けている。

画像: インドのマウリノン村にあるゴムの木の根でつくられた橋。現代デザインの過ちを省みる今、先住民族と古代建築の伝統が見直される “LO-TEK, DESIGN BY RADICAL INDIGENISM,”BY JULIA WATSON, PUBLISHED BY TASCHEN © AMOS CHAPPLE

インドのマウリノン村にあるゴムの木の根でつくられた橋。現代デザインの過ちを省みる今、先住民族と古代建築の伝統が見直される
“LO-TEK, DESIGN BY RADICAL INDIGENISM,”BY JULIA WATSON, PUBLISHED BY TASCHEN © AMOS CHAPPLE

いっぽう先述の『異なる未来のためのデザイン』展では、未来をありありとイメージした“ハイテク”な作品に出会った。たとえば、公園のベンチの下にくっついたガムからDNAを抽出して人間をクローン化できるようになるかもしれないというアイデアだ。かたや“ローテク”派は、未来を生き抜くための知恵は、省エネルギーの、古代から続く伝統的な方式に刷り込まれていると考える。ハイテク、ローテクにかかわらず、あらゆるデザイナーが、ロボット化が進み、動植物の多様性を失い、自然とテクノロジーの調和を欠いたこの世界の未来について思いを巡らせている。いつまでこの世を“社会”と呼べるかはわからないが、今は社会全体が、温暖化が招く気候危機に対して心の準備をしている。

 

This article is a sponsored article by
''.