寡作にして、新作ごとに数々の賞に輝く映画監督ジャック・オディアール。待望の最新作『ゴールデン・リバー』は、アカデミー賞の常連でもある名優たちが競演する“ウェスタン・サスペンス”だ

BY REIKO KUBO

 原作ではタイトル通り、イーライとチャーリーのシスターズ兄弟が主人公だが、オディアールはモリスとウォームの物語を大きくふくらませ、バイオレンス映画を、男たちの甘美な夢がゆらめく冒険譚へと変貌させた。

「モリスは東海岸の大学を出た若いインテリの男だけれど、家族の遺産を拒否するような、浮世離れした面白いキャラクターだ。この物語は、父親の暴力を息子が受け継ぐような因習的な社会で、その暴力をどう乗り越えていくかがひとつのテーマになっている。村や町には銃を持って入らないと決めているようなモリスには、新しい社会の住人としてのイメージを重ねたんだ」

画像: 名優・怪優の呼び名を欲しいままにするホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール(写真)らが競演するウェスタン・サスペンスは、ヴェネチア国際映画祭・銀獅子賞〈監督賞〉、フランス・アカデミー賞(セザール賞)監督賞・撮影賞、美術賞、音響賞を独占!

名優・怪優の呼び名を欲しいままにするホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール(写真)らが競演するウェスタン・サスペンスは、ヴェネチア国際映画祭・銀獅子賞〈監督賞〉、フランス・アカデミー賞(セザール賞)監督賞・撮影賞、美術賞、音響賞を独占!

 また、キャスティングに一番時間を要したのがウォームの役柄だったという。「選考課程で、この役はいわゆる青い目、二枚目の白人俳優が演じるアメリカ愛国主義者にしてはだめだと感じたんだ。パキスタン系イギリス人のアーメッドが演じることで、キャラクターに深みを与え、彼の持つ信念を描きたかった」

『リード・マイ・リップス』でヴァンサン・カッセル、『真夜中のピアニスト』ではロマン・デュリス、『預言者』ではタハール・ラヒム、『君と歩く世界』(2012年)ではマティアス・スーナールツ……。鬼才オディアールは、男優たちからひと皮向けた演技と、今までとは別人のような艶っぽさを引き出してきた。今回も、蝋燭や月灯りの下で、暴力のないユートピアへの夢を語り、荒野に生きる男たちの心をつかんでゆくウォームは、じつにセクシーな誘惑者だ。

画像: ジャック・オディアール(JACQUES AUDIARD) 1952年、フランス・パリ生まれ。監督デビュー作『天使が隣で眠る夜』(1994年)でセザール賞新人監督賞を受賞し、一躍注目を浴びる。続く『つつましき詐欺師』(1996年)でカンヌ国際映画祭脚本賞、『預言者』(2009年)で同映画祭グランプリ、『ディーパンの闘い』(2015年)で同パルム・ドール賞と、作品の発表ごとに数々の賞に輝く。寡作なだけに、世界中から新作が待ち望まれる監督のひとりとして人気を誇る PHOTOGRAPHS: © 2018 ANNAPURNA PRODUCTIONS, LLC. AND WHY NOT PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED.

ジャック・オディアール(JACQUES AUDIARD)
1952年、フランス・パリ生まれ。監督デビュー作『天使が隣で眠る夜』(1994年)でセザール賞新人監督賞を受賞し、一躍注目を浴びる。続く『つつましき詐欺師』(1996年)でカンヌ国際映画祭脚本賞、『預言者』(2009年)で同映画祭グランプリ、『ディーパンの闘い』(2015年)で同パルム・ドール賞と、作品の発表ごとに数々の賞に輝く。寡作なだけに、世界中から新作が待ち望まれる監督のひとりとして人気を誇る
PHOTOGRAPHS: © 2018 ANNAPURNA PRODUCTIONS, LLC. AND WHY NOT PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED.

「そう、ウォームは僕が一番惹かれたキャラクターだよ。彼が語るユートピア思想は、歴史的事実から引用した。1848年にイギリス、ドイツ、フランスで共産主義のマニフェストが起こり、第二の産業革命が起ころうとしていた。ちょうどヨーロッパ社会主義の先駆け的なイデオロギーが1850年代のアメリカ社会に伝えられ、ユートピア的な共同体を作ろうという考えが生まれた時代でもある。この歴史的背景を利用して、ウォームを教師的で、ある時は預言者でもあり、またあるときはキリストのような聖書的人物に仕上げたかったんだ」

 黄金を目指す男たちが荒野で出会った、セクシーでカリスマ的な魅力のあるウォーム。彼に導かれた男たちの運命は――? 荒野に狂い咲いた男たちの友情の行方を、抜けるような青空と漆黒の闇が支配する鮮烈なスクリーンで目に焼き付けてほしい。

『ゴールデン・リバー』
7月5日(金)、TOHOシネマズ・シャンテほか全国公開
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.