世の中を席巻している韓国ドラマだが、国を挙げて自国のエンターテインメントを世界へ発信しているだけあって、恋愛ものやコメディだけでなく、心を揺さぶる極上のヒューマンドラマや良質な社会派の作品なども充実している。今回は大人が楽しめる韓国ドラマ3作品を厳選

BY KANA ENDO

祖国を離れなければならなかった、在日韓国人一家の壮大な物語『Pachinko パチンコ』

 原作は韓国系アメリカ人、ミン・ジン・リーによる小説で、ニューヨーク・タイムズ紙が発表する2017年のベスト10ブックに選ばれ、オバマ元大統領も推薦した世界的ベストセラー。祖国を離れて日本に移り住んだ韓国人一家を四世代にわたって描いた物語だ。1910年代、日本統治下の朝鮮半島・釜山沖にある影島で暮らすソンジャは、下宿を営む母を支えながら貧しくもたくましく生きていた。そこにハンスという裕福な仲買人が現れ、ふたりは恋に落ちる。ソンジャはハンスの子を身籠るが、実はハンスには妻子がいた。絶望するソンジャだったが、たまたま下宿に滞在していた牧師がソンジャに救いの手を差し伸べ、ふたりは故郷を離れ大阪へと移り住むことになる。

 ドラマはソンジャの成年期、老年期をクロスオーバーさせながら同時進行で描いていく構成で、劇中では韓国語、日本語、英語が飛び交う。成年期のソンジャを新人俳優キム・ミンハ、老年期のソンジャを映画『ミナリ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したユン・ヨジョン、ハンスを韓国版のドラマ『花より男子』でスターダムにのし上がったイ・ミンホが演じるほか、南果歩や玄理、韓国系アメリカ人のジン・ハなどさまざまなバックグラウンドを持つ俳優が多数キャスティングされている。

画像: ソンジャを演じた新人俳優のキム・ミンハは、その圧倒的な演技力で一躍注目の的に。娘であり恋する少女であり、妻であり母親でもある女性を見事に演じ、その姿はユン・ヨジョン演じる老年期のソンジャへと繋がっていく © Apple TV+

ソンジャを演じた新人俳優のキム・ミンハは、その圧倒的な演技力で一躍注目の的に。娘であり恋する少女であり、妻であり母親でもある女性を見事に演じ、その姿はユン・ヨジョン演じる老年期のソンジャへと繋がっていく
© Apple TV+

 大御所ユン・ヨジョンや新星キム・ミンハ、演技派としての一面を見せつけたイ・ミンホなど俳優陣の演技力もさることながら、本作はその台詞も丁寧に作られている。例えば、ソンジャの孫であるモーゼスは日本生まれでアメリカからの帰国子女。それゆえ、祖母との会話は韓国語、父親との会話は日本語と韓国語を混ぜて話し、仕事では英語を多用するといったように、台詞を丁寧に吟味することで、3言語が行き交う世界を違和感なく描いている。さらに、Apple TV+の字幕は言語によって色分けされていたりと手が込んでいる。また、1910年代の釜山、1930年代の大阪、1989年の東京/横浜と、3つの時代と3つの場所でドラマが展開していくが、ひっかかる箇所がなく鑑賞できるのは時代考証の賜物といえるだろう。故郷を離れなければならなかった者が味わった、後ろ髪引かれる思いや後悔、とてつもない苦労と差別。それは次の世代の心の奥にも、重くのしかかっていることが表現されている。現代の社会問題にも通ずるようなシーンも描かれているが、同じ過ちを繰り返さないためにも、目を背けず多くの人に見てもらいたい作品だ。

画像: 将来を嘱望されていたハンスだったが、関東大震災で運命が大きく変わりアウトサイダーに。時代ごとに変わっていく服装や街並みも見どころのひとつ © Apple TV+

将来を嘱望されていたハンスだったが、関東大震災で運命が大きく変わりアウトサイダーに。時代ごとに変わっていく服装や街並みも見どころのひとつ
© Apple TV+

画像: 『Pachinko パチンコ』 Apple TV+にて配信中 © Apple TV+ 動画視聴はこちら

『Pachinko パチンコ』
Apple TV+にて配信中
© Apple TV+

動画視聴はこちら

今の貴方も過去の貴方も、未来の貴方も全部愛してくれる『私たちのブルース』

 済州島に暮らすウニは、鮮魚店を何軒も経営するやり手女性。彼女の周りにいる人々に焦点を当て、それぞれの人生の苦楽を描いていくオムニバス形式のドラマが『私たちのブルース』だ。エピソード1〜3はウニとその幼馴染ハンスの物語。ウニの初恋の相手ハンスが転勤になり、ソウルから済州島に戻ってくる。ウニは大喜びで迎え入れ、ハンスと楽しい時間を過ごすようになるが、実はハンスにはアメリカに留学している娘がおり、その費用が足りず困っていた。ウニに頼りたいがなかなか言い出せず旅行に誘う。妻帯者と旅行に行くことに戸惑いをみせるウニだったが、ハンスの説得に応じ旅行に出かけ……。ウニを演じるのは映画『パラサイト 半地下の家族』で家政婦役を演じたイ・ジョンウン。ほか、ドラマ『海街チャチャチャ』のシン・ミナ、日本でもおなじみのイ・ビョンホンなどが脇を固める。

画像: 海女のヨンオクと海女船の船長ジョンジュン、定食屋を営むイングォンと鮮魚店に卸す氷業者のホシク、彼らの子供であるヒョンとヨンジュなどにフォーカスしたエピソードなどで構成される

海女のヨンオクと海女船の船長ジョンジュン、定食屋を営むイングォンと鮮魚店に卸す氷業者のホシク、彼らの子供であるヒョンとヨンジュなどにフォーカスしたエピソードなどで構成される

 本作は、『愛の不時着』や『ヴィンチェンツォ』、『海街チャチャチャ』などを手掛けた韓国のドラマ制作会社の最大手であるスタジオドラゴンによるもの。またOST(オリジナル・サウンドトラック)にはBTSのジミンが参加していることなどからも注目を集めている。エピソード毎にふたりの人物にフォーカスするので、主人公が毎回変わっていく。ふたりの間に起こるいざこざや恋愛感情、家族問題などが描かれ、どんな背景をもった人物なのかが徐々につまびらかになっていくので、段々とパズルのピースがはまっていくような感覚があり、つい見続けてしまう。皆それぞれ、様々な事情や触れられたくない過去を抱えているが、問題が起こるたびに済州島に暮らす誰かが助けてくれる。一見誰とも繋がっていないように見えた人も、必ず誰かとどこかで繋がっており、あなたは一人じゃないよと教えてくれるドラマだ。

画像: イ・ビョンホン扮するドンソクは、トラックに青果や鮮魚、日用品を詰め込み、島をめぐり移動販売をしている。そんなドンソクとソナ(シン・ミナ)のストーリーはエピソード9〜11で描かれる

イ・ビョンホン扮するドンソクは、トラックに青果や鮮魚、日用品を詰め込み、島をめぐり移動販売をしている。そんなドンソクとソナ(シン・ミナ)のストーリーはエピソード9〜11で描かれる

画像: Netflixシリーズ『私たちのブルース』 独占配信中 ©Netflix 動画視聴はこちら

Netflixシリーズ『私たちのブルース』
独占配信中
©Netflix

動画視聴はこちら

思いっきり泣けるシスターフッド作品『39歳』

 皮膚科医の院長を務めるミジョ、女優を目指すも挫折し演技指導をしているチャニョン、デパートの化粧品売場に勤めるジュヒの3人は、39歳の独身女性で高校生のときからの親友。うれしいことも悲しいことも3人でともに乗り越えてきた。40歳を目前に、パニック障害に悩まされてきたミジョは、仕事を1年休んでアメリカへ行くことを計画しており、チャニョンは腐れ縁の妻帯者ジンソクとの関係に悩んでいた。ジュヒはこれまで彼氏がいたことがなく、真実の愛を探していた。そんなある日、3人で人間ドックに行くことになり、そこで思いも寄らない問題に直面する。ミジョ役に『愛の不時着』で主人公のユン・セリを演じたソン・イェジン、チャニョンは『賢い医師生活』のチョン・ミドが演じる。

画像: ミジョはキャリア女性らしい華やかな装い、チャニョンはマスキュリンで格好良く、ジュヒは清楚で上品という異なるテイストのファッションも見どころのひとつ

ミジョはキャリア女性らしい華やかな装い、チャニョンはマスキュリンで格好良く、ジュヒは清楚で上品という異なるテイストのファッションも見どころのひとつ

 主演俳優の3人も39歳というリアルさを追求した本作は、涙なしでは見られないヒューマンドラマだ。39歳で人生を大きく変える出来事に直面し、3人はこれからどう生きていくかを真剣に考えるようになる。ミジョは裕福な家庭で育ったが養子で、実の両親を知らず、実母が誰なのかずっと気になっていた。ジュヒは母親ががんを患い大学進学を諦めた過去があり、自分の夢を持つことを我慢してきた。チャニョンは不倫関係を続けてきたジンソクとの関係を終わらせようとする。人生のターニングポイントに立ったとき、一番大切なことは、自分の意志で未来を選択することだと彼女たちは気づき、それに向かって共闘していく。号泣するシーンもある重めのテーマ設定ではあるが、韓国ドラマならではのコメディ感やベタな恋愛シーンもあり、笑いながら泣ける作品になっている。特に、ひとつのエピソード内での食事シーンの多さは群を抜いており、鑑賞時に韓国料理が食べたくなることは必至だ。血がつながっていなくても、友達でも、自分が大切に思う人こそが本当の家族であると教えてくれる。自分の人生を深く掘り下げるきっかけになるドラマだ。

画像: 決して人を責めないミジョの思慮深さに頭が下がるとともに、ミジョの相手役キム・ソヌや他の登場人物がとても優しく、折に触れて涙を誘う

決して人を責めないミジョの思慮深さに頭が下がるとともに、ミジョの相手役キム・ソヌや他の登場人物がとても優しく、折に触れて涙を誘う

画像: Netflixシリーズ『39歳』 独占配信中 ©Netflix 動画視聴はこちら

Netflixシリーズ『39歳』
独占配信中
©Netflix

動画視聴はこちら

※今回紹介している3作品はすべて2022年5月28日時点での配信作品です

▼こちらのドラマや映画もチェック

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.