アメリカのテレビ番組の改編期に当たるこの時期は、配信ドラマの新シーズンが続々と公開される。今こそ、これまで見逃していた人気タイトルの過去作品を一気見して追いつける絶好のタイミング! 最新シーズンが配信されたばかりの人気作品を紹介する

BY KANA ENDO

80年代カルチャーがたっぷり詰まったSF作品『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は2016年に配信が開始され、これまで3シーズン公開されており、待望のシーズン4が5/27に配信開始された。

 舞台は1980年代のインディアナ州郊外の田舎町ホーキンス。マイク、ダスティン、ルーカス、ウィルの4人は親友で、その日もいつものようにマイクの家でゲームに興じていた。夜も遅くなり家路に着くことにしたが、ウィルは得体のしれない何かに遭遇し、姿を消してしまう。仲間たちや警察は行方不明になったウィルの捜索を始めると同時に、街には坊主頭の謎の少女が現れる。少女を保護しようとするが、彼女は超能力を使い逃走。またホーキンスにある研究所では不審な研究が行われていたことが判明し……。という展開でシーズン1が始まり、“得体のしれない何か”やウィルが連れ込まれた“裏の世界”と対峙していくSFアドベンチャー作品であり、青春群像劇だ。

画像: 本作は、エミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞、アメリカ映画協会年間TVトップ10など、数々の賞で65以上の受賞を果たしており、Netflixでもっとも人気のあるTV番組のTOP10リストで2位にランクインしている © NETFLIX

本作は、エミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞、アメリカ映画協会年間TVトップ10など、数々の賞で65以上の受賞を果たしており、Netflixでもっとも人気のあるTV番組のTOP10リストで2位にランクインしている
© NETFLIX

 手に汗握る先の読めないストーリー展開もさることながら、劇中のファッションや音楽など、鮮やかな‘80年代のポップカルチャーに触れられるのも本作の見どころでもある。また、数々の名作映画をオマージュしていたり、劇中の映画館で上映されたりする演出にも心がくすぐられる。例えば、『グーニーズ』や『ゴースト・バスターズ』に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ネバーエンディング・ストーリー』など、往年の映画を知る大人には懐かしく、若者には新鮮で、世代を問わず支持を集めている。

 シーズン毎にどんどん大人になっていく子役俳優たちの成長も楽しみの一つである。シーズン1ではまだ幼かった彼らが、現実世界でも成長し、回を重ねる度にしっかりした顔つきになっていくのを見られるのも本作の醍醐味だ。シーズンを追うごとに、関わる人物や組織などのスケールが大きくなっていき、シーズン4は一体どうなるのか。高校生になった主人公たちの立ち回りが楽しみだ。

画像: シーズン4では、初めて離れ離れになってしまった仲間たちが、新たに起こる超常現象に対峙していく。“裏の世界”の恐怖に終止符を打つことができるのか © NETFLIX

シーズン4では、初めて離れ離れになってしまった仲間たちが、新たに起こる超常現象に対峙していく。“裏の世界”の恐怖に終止符を打つことができるのか
© NETFLIX

画像: 『ストレンジャー・シングス』 Netflixシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 シーズン1〜3,シーズン4Vol.1独占配信中 シーズン4Vol.2は7/1より独占配信 ©NETFLIX 動画視聴はこちら

『ストレンジャー・シングス』
Netflixシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
シーズン1〜3,シーズン4Vol.1独占配信中
シーズン4Vol.2は7/1より独占配信
©NETFLIX

動画視聴はこちら

気負わず楽しめる新感覚スーパーヒーロー作品『アンブレラ・アカデミー』

 1989年10月1日、妊娠していなかった女性43人が突如出産するという事象が世界各地で同時に起きた。資産家のハーグリーブス卿は、こうして生まれたこども7人を養子として迎え「アンブレラ・アカデミー」を設立し、子どもたちの特殊能力を開花させていく。彼らはナンバー1〜7と呼ばれ、怪力や空間移動などの特殊能力を発揮するが、ナンバー7のヴァーニャだけは特殊能力をもたなかった。ナンバー1〜6はハーグリーブス卿の指示の下、その能力を活かし、銀行強盗などの事件を解決して街のヒーローになる。その後大人になった彼らは、離れ離れになって暮らしていたがハーグリーブス卿の死の知らせを受け再び集合すると、なぜかナンバー5だけが13歳の姿のままだった。彼は未来に行っていたと言い、8日後に世界が滅亡すると告げる。ナンバー5を追う殺し屋や謎の委員会が現れ、果たして彼らは世界の滅亡を止めることができるのか。2019年にシーズン1、2020年にシーズン2が公開され、満を持してシーズン3が6/22に配信された。

画像: 出演は、ナンバー5役にエイダン・ギャラガー、ヴァーニャ役(シーズン3から役名がヴィクター)に『JUNO』や『インセプション』のエリオット・ペイジ、ルーサー役に『ゲーム・オブ・スローンズ』のトム・ホッパー、ヴィランのチャチャ役にR&Bシンガーのメアリー・J・ブライジらが名を連ねる ©CHRISTOS KALOHORIDIS/NETFLIX

出演は、ナンバー5役にエイダン・ギャラガー、ヴァーニャ役(シーズン3から役名がヴィクター)に『JUNO』や『インセプション』のエリオット・ペイジ、ルーサー役に『ゲーム・オブ・スローンズ』のトム・ホッパー、ヴィランのチャチャ役にR&Bシンガーのメアリー・J・ブライジらが名を連ねる
©CHRISTOS KALOHORIDIS/NETFLIX

 アメリカの3大コミック出版社といえば、アベンジャーズシリーズで知られる「マーベル・コミック」、バットマンシリーズの「DCコミックス」、そしてこの『アンブレラ・アカデミー』を刊行している「ダークホースコミックス」だ。本作はコミックが原作ながら、典型的なスーパーヒーローものとは一線を画する。

 まず、キャラメイクがアメコミ然としておらず非常にスタイリッシュ。言葉を話すチンパンジーや頭部が水槽の人間など架空のキャラクターもどこかリアルで、ファンタジーと現実世界をうまくつないでいる。また世界を救うというジャンルものではあるが、崩壊した家族の物語でもある。養子という複雑な兄弟関係を描いた家族ドラマがベースで、そこにタイムトラベルやミステリーの要素が加わってくる。そして、登場人物も踊りだしてしまうダンサブルなサウンドトラックの存在も魅力のひとつ。「ふたりの世界(I Think We’re Alone Now)」(ティファニー)や「ドント・ストップ・ミー・ナウ」(クイーン)、コミック原作者による「冬の散歩道」(サイモン&ガーファンクル)のカヴァー(原作者のジェラルド・ウェイはマイ・ケミカル・ロマンスというバンドでボーカルを務めていたミュージシャン)などが、物語を効果的に盛り上げる。

 また、ヴァーニャ役のエリオット・ペイジは2020年の12月にカミングアウトし、名前をエレン・ペイジからエリオット・ペイジへと変更した。それに伴い本作のヴァーニャも、シーズン3が展開していく中で役名がヴィクターへと変更されている。このような多様性に配慮したプロセスも、ファンを魅了する一因となっている。

 世界の滅亡を阻止しなければならないのに、どこか緊張感がなくシュールなところが不思議な魅力の本作。新感覚のスーパーヒーロー『アンブレラ・アカデミー』は誰もが気軽に楽しめる作品となっている。

画像: 原作コミックは、漫画界のアカデミー賞ともいわれているウィル・アイズナー漫画業界賞を受賞した人気作 ©NETFLIX

原作コミックは、漫画界のアカデミー賞ともいわれているウィル・アイズナー漫画業界賞を受賞した人気作
©NETFLIX

画像: Netflixシリーズ『アンブレラ・アカデミー』 独占配信中 ©NETFLIX 動画視聴はこちら

Netflixシリーズ『アンブレラ・アカデミー』
独占配信中
©NETFLIX

動画視聴はこちら

ヒーローが正義の味方とは限らない! 悪のヒーローとの闘いを描いた『ザ・ボーイズ』

 こちらの作品も原作は同名のアメリカンコミック。巨大企業「ヴォート」は、特殊能力のあるスーパーヒーローを雇用し、人命救助や凶悪事件の解決を請け負う傍ら、グッズ販売や映画製作などのコンテンツビジネスで巨万の富を築いていた。ヴォートに所属するヒーロー7人は“セブン”と呼ばれ人々から慕われていたが、一方でヒーローの行動に懐疑的な人々もいた。彼らはヒーローの無謀な破壊行動によって家族を失ったり、傲慢な態度を目の当たりにしていた。実はこのセブン、人気や金のためなら悪事にも手を染める、欲と名声に溺れたヒーローなのだ。そこで彼らの暴挙のせいで家族を失った特殊能力をもたない一般市民が“ザ・ボーイズ”を結成し、ヒーローの真の姿とヴォート社の陰謀を暴こうとするのだが……。

画像: セブンのリーダーであるホームランダー。筋肉を強調したコスチュームや金髪に染めたヘアスタイルなど、胡散臭さを漂わせるキャラメイクが実に巧妙だ ©AMAZON STUDIOS

セブンのリーダーであるホームランダー。筋肉を強調したコスチュームや金髪に染めたヘアスタイルなど、胡散臭さを漂わせるキャラメイクが実に巧妙だ
©AMAZON STUDIOS

 これまでは、ヒーローは清廉潔白、ヒーロー映画/ドラマは勧善懲悪というのが一般的だったが、昨今は、ヒーローだって間違いを犯すことはある、といったように人間味をもたせる作品が増えている。そして本作はその究極版で、正義の味方だと思っていたヒーローが実は人類最大の脅威、という設定だ。

 腐敗したヒーローと企業 vs. アウトローな一般人という構図は、まるで現実の世界を強烈に皮肉っているかのようだ。今回のヒーローは世の中を良くしようという気はなく、自分たちの利益しか考えていないため、その横暴な行動により多くの命が犠牲になる。まるで自分のプライドのために、市民の命を犠牲にしている政治家のようだ。ヒーローが権力や名声を利用し、弱者にセクハラを迫るシーンは思わず目を背けたくなる。一方で、ザ・ボーイズの面々も品行方正ではなく汚い手を使うこともある。つまりこの作品内には、完璧な正義の味方というものは存在しないのだ。もしかしたらそれは現実でも同じなのかもしれない。

 シニカルなユーモアとダークなファンタジーを融合させた本作は、大人のためのヒーロー作品。R-18指定で、グロテスクな描写や過激な暴力表現も含まれるので鑑賞にはご注意を。

画像: スターライト(写真右)は、セブンに所属しながらも彼らの行動に疑問を感じており、徐々にザ・ボーイズに協力するようになる ©AMAZON STUDIOS

スターライト(写真右)は、セブンに所属しながらも彼らの行動に疑問を感じており、徐々にザ・ボーイズに協力するようになる
©AMAZON STUDIOS

画像: 『ザ・ボーイズ』 シーズン1〜3 Prime Videoで独占配信中 ©AMAZON STUDIOS 動画視聴はこちら

『ザ・ボーイズ』
シーズン1〜3 Prime Videoで独占配信中
©AMAZON STUDIOS

動画視聴はこちら

※今回紹介している3作品はすべて2022年6月25日時点での配信作品です

▼こちらのドラマや映画もチェック

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.