すべてのピースがサステイナブルな素材で作られたH&Mのプレミアム・コレクション。“ファッションが地球の未来のためにできること”とは

BY CHIHARU ITAGAKI

 2018-'19年秋冬ファッションウィーク中、来シーズンのトレンドの傾向やデザイナーの去就といったニュースの陰で、話題を集めたトピックがあった。それは、リアルファーを使い続けるのか、それともフェイクファーを選択するのかという問題だ。もはやファッションとサステイナビリティ(持続可能性)は切り離せない関係にあり、世界有数のラグジュアリーブランドからファストファッション界まで、避けては通れない問題になっている。

 そんな重要課題に早くから取り組み、意欲的かつ大胆な活動で業界の先陣を切ってきたのがH&Mだ。サステイナブルなファッションの可能性を追求することを目的とした「コンシャス・エクスクルーシヴ」コレクションは、そのすべてのアイテムが、廃棄物などをリサイクルして開発された素材を含む、最先端のエコ素材でつくられている。ときには素材自体の開発から手がけるというから、その意欲と情熱は生半可なものではない。今回で7回めとなるが、使用するサステイナブル素材のリストも、回を追うごとに増えている。

画像: (写真右)リサイクル・ポリエステルのジャケット¥15,999、同パンツ¥11,999 (中)最新素材のエコニール®を用いたドレス¥18,999 (左)テンセル素材のブラウス ¥9,499、オーガニック・リネンとシルクの混紡のスカート¥18,999 (すべて税込)

(写真右)リサイクル・ポリエステルのジャケット¥15,999、同パンツ¥11,999
(中)最新素材のエコニール®を用いたドレス¥18,999
(左)テンセル素材のブラウス ¥9,499、オーガニック・リネンとシルクの混紡のスカート¥18,999
(すべて税込)

 今回のコレクションでは、ナイロン廃棄物を100パーセント再利用したエコ素材「エコニール®」が新たにリストに加わった。従来は競技用ウェアや水着に使用されてきた素材だが、「エコ素材でレースを作りたい」というデザインチームの思いに最適な素材だということで、白羽の矢が立った。「エコニール®」の原材料となるのは、廃棄された漁業用の網などのナイロン製のゴミ。きれいな海を守りながら、気候への影響を軽減することができるのです」と語るのは、H&M環境サステイナビリティ統括責任者のセシリア・ブランステンだ。

 こうして、レースをあしらったサステイナブルなドレスが誕生した。中でも目を引くのは、ウエディングドレスにもなる白いフルレングスドレスだ。カジュアルアイテムのイメージが強いH&Mが、あえてエコ素材でウエディングドレスを制作したのは意外にも思えるが、「自然な流れだった」とクリエイティブ・アドバイザーのアン・ソフィー・ヨハンソンは言う。「『サステイナブル・ファッションと美しいデザインをいかに両立するか』というのが、このコレクションで挑戦している課題のひとつ。エコ素材を使いながら、上質で美しいアイテムを作りたいと考えているので、特別な日のためのウェアが登場するのも自然なことです」

画像: エコニール®を用いた白いドレスは、ブライダルシーンでの着用も可能。 ロングドレス¥34,999(税込)

エコニール®を用いた白いドレスは、ブライダルシーンでの着用も可能。
ロングドレス¥34,999(税込)

画像: 繊細で華麗なレースも、みごと

繊細で華麗なレースも、みごと

 このコレクションのインスピレーション源となったのは、H&M発祥の地スウェーデンを代表するアーティストでありアーツ&クラフツ運動家である、カーリン&カール・ラーション夫妻の住まいとその先進的な思想だ。「特に、カーリンの強い意志と、時代のはるか先を行く想像力には感動しました。今回のコレクションには、力強さと柔らかさが共存しています。それはまさしく彼女を連想させるものです」とアン・ソフィー・ヨハンソン。

画像: アンバサダーを務めるのは、レジェンドモデルのクリスティ・ターリントン・バーンズ。「ファッションの最前線で、リサイクル素材のデザインに出会うと感動します。このコレクションの布地の大半がゼロから作られたことを知り、その献身的な姿勢が印象に残りました」と語る。撮影はミカエル・ヤンソン オーガニック・コットンのシャツ¥8,499(税込)

アンバサダーを務めるのは、レジェンドモデルのクリスティ・ターリントン・バーンズ。「ファッションの最前線で、リサイクル素材のデザインに出会うと感動します。このコレクションの布地の大半がゼロから作られたことを知り、その献身的な姿勢が印象に残りました」と語る。撮影はミカエル・ヤンソン
オーガニック・コットンのシャツ¥8,499(税込)

 テンセルでできたグリーンのドレスには、彼らの緑豊かな邸宅を思わせるボタニカルプリントがあしらわれ、エレガントかつリラックスした表情。リサイクル・ポリエステルでできたジャケットとパンツのセットアップ、オーガニック・コットン製のスタンドカラーシャツはビジネスシーンにもぴったりだ。ウェアのほか、リサイクル・ナイロン製のランジェリーもラインナップ。ゴミとなったキャンドルスタンドなど、金属廃棄物を再利用したリサイクル・シルバーでできたアクセサリーは、ラーション夫妻の邸宅にあるランプシェードを彷彿させる。

画像: シルクのような質感がリュクスなドレス ¥18,999(税込)

シルクのような質感がリュクスなドレス ¥18,999(税込)

「デザインコンセプトから商品がお客様の手に届くまで、各段階で一貫してサステイナビリティを意識すべきだと考えています」とセシリア・ブランステン。想像してみてほしい。すべての新商品がリサイクル素材やサステイナブル素材で作られ、ファッションアイテムがゴミとして廃棄されることもない、“循環の輪”が閉じた世界を。セシリアたちH&Mチームが最終的に目指しているのはそんな世界だ。「私たちはもっとエコ素材を増やせると思っています。そうすることで、われわれが環境に与えるインパクトを弱め、次世代により多くの天然資源を残せるようになるのです」

画像: リネンとシルクの混紡のドレス ¥24,999(税込)。 これらのアイテムは、世界各国の限定店舗で発売される PHOTOGRAPHS; COURTESY OF H&M HENNES & MAURITZ AB

リネンとシルクの混紡のドレス ¥24,999(税込)。
これらのアイテムは、世界各国の限定店舗で発売される
PHOTOGRAPHS; COURTESY OF H&M HENNES & MAURITZ AB

 最先端のファッションを、多くの人々が手軽に楽しめるものにすることに貢献してきたH&M。次なる挑戦は、クオリティやデザインの点で妥協することなく、誰もが手にとりやすい価格でサステイナブル・ファッションを作り出していくことだ。「このコレクションについて知り、積極的に買い求めてくれるお客さまが、年々増えてきました」とセシリア・ブランステンは言う。ファッションブランドがサステイナビリティへのスタンスを明確に示し、それを行動で示すようになった今、ファッションを愛する消費者の行動が問われている。

「H&Mコンシャス・エクスクルーシヴ・コレクション」
※現在は販売終了しています。

問い合わせ先
H&M カスタマーサービス
フリーダイヤル: 0120-866-201

問い合わせ先
H&M カスタマーサービス
フリーダイヤル: 0120-866-201

 

This article is a sponsored article by
''.