2018-'19秋冬シーズンのバレンシアガのコレクションをデムナ・ヴァザリアは「バックステージでさえも物語のようだった」と語る。このたび、その一連のシーンを記録したビジュアルブックが完成した

BY MASANOBU MATSUMOTO

 2018-'19秋冬シーズンのバレンシアガのコレクションは、アーティスティック・ディレクター、デムナ・ヴァザリアにとって特別なものになった。ショー会場の中央には人工の雪山がそびえたち、その斜面をカラフルなグラフィティが埋め尽くしている。

画像1: 『バレンシアガ ウィンター 18』より ほかの写真をみる

『バレンシアガ ウィンター 18』より
ほかの写真をみる

 モデルが着用したシャツにプリントされた電話番号は、実際に架電してみると自動音声が流れる専用ダイヤルにつながる。一方、パーカにプリントされたロックバンドは、じつは架空のもの。何が実在し、何がフィクションか。その境界線を揺さぶるようなウィットに富んだ遊び心は健在だ。もはやブランドの定番となったロゴアイテムに関しては、ヴァザリアがチャリティ支援を行う「WORLD FOOD PROGRAMME(国連世界食糧計画)」が選ばれた。元ソビエト連邦の構成国だったジョージアに生まれ、子どもの頃にソ連の崩壊による内戦を経験した彼にとって、食糧難は自身が実際に直面した課題でもある。このコレクションは、ヴァザリアがファッションを通じて伝えたいこと、今の時代にファッションができることで、満ち溢れている。

「特にこのショーは、バックステージでさえも物語のようだった」とヴァザリア。そして彼は、“体験であるショーを記録にとどめるツール”として、ビジュアルブックを作ることを決めた。

画像2: 『バレンシアガ ウィンター 18』より ほかの写真をみる

『バレンシアガ ウィンター 18』より
ほかの写真をみる

画像3: 『バレンシアガ ウィンター 18』より ほかの写真をみる

『バレンシアガ ウィンター 18』より
ほかの写真をみる

 ヴァザリアと米国のRizzoli社によって完成された『バレンシアガ ウィンター 18』は304ページにわたり、見応えたっぷりな仕上がりだ。フォトグラファーは、バレンシアガの広告を手がけたこともあるジョニー・デュフォートと、以前ヴェトモンの写真集を担当したピエール=アンジュ・カルロッティの2人。モデルのキャスティングの様子から、ショーのバックステージ、ランウェイ終了後の会場風景など、彼ら2人だから切り取れる、クリエイティブチームとの親密な時間が収められている。

 忘れてはいけないのは、このコレクションは多くのジャーナリストやファンにとっても、特別なものだったということだ。初めてウィメンズとメンズのショーが統合され、ヴァザリアは、メゾンのアイデンティティであるアーカイブも着想源にした。とりわけ、ブランドの創設者であるクリストバル・バレンシアガが残した「バスクジャケット」は、3Dボディスキャンニングやデジタルフィッティングなどの新しい技術を駆使してモディファイされた。現代のファッション史に刻むべき出来事が、この本のなかにある。

画像: 『バレンシアガ ウィンター 18』¥11,000 ヨーロッパの主要店舗およびオンラインショップでは販売中。2018年11月30日(金)よりバレンシアガ 青山、バレンシアガ 松屋銀座、バレンシアガ 神戸大丸、バレンシアガ 阪急メンズ大阪にて発売。一般書店では、2019年2月以降に販売予定 PHOTOGRAPHS: COURTESY OF BALENCIAGA ほかの写真をみる

『バレンシアガ ウィンター 18』¥11,000
ヨーロッパの主要店舗およびオンラインショップでは販売中。2018年11月30日(金)よりバレンシアガ 青山、バレンシアガ 松屋銀座、バレンシアガ 神戸大丸、バレンシアガ 阪急メンズ大阪にて発売。一般書店では、2019年2月以降に販売予定
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF BALENCIAGA
ほかの写真をみる

問い合わせ先
バレンシアガ ジャパン
TEL. 0570(000)601
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.