「マドモアゼル プリヴェ」ーーガブリエル・シャネルのクリエイション スタジオに掲げられた言葉を冠にした展覧会は、オートクチュール、香水、ハイジュエリーの3つのクリエイション、そして5つのカラーを軸に、シャネルの美しき世界へと人々を誘う

BY MASANOBU MATSUMOTO

 かつて、ガブリエル・シャネルは、革新的と呼ぶに相応しい、さまざまなものを創り上げた。ファッションの概念を一変させ、現在もメゾンのエスプリを体現しているオートクチュール。また、イランイランやジャスミンなどの天然香料に、20世紀の科学的産物アルデヒドを配合した、かつてない香り「シャネル N°5」。これは、ファッションデザイナーが初めての作り上げた香水でもある。

 そして、1932年に発表されたハイジュエリー「BIJOUX DE DIAMANTS(ダイアモンド ジュエリー)」。シンプルに石を並べたジュエリーが主流だった当時、ガブリエルが挑んだのは、星や太陽、羽根をモチーフにしたモダンで詩的なコレクション。そのなかにはブレスレットやブローチなど多様な着用を可能にするものもあり、ハイジュエリーの自由で現代的なスタイルをいち早く打ち出したのが、ほかでもないガブリエルだった。

画像: (写真左)バカラとコラボレートした「シャネル N°5」のボトルやガブリエルが作ったダイヤモンド ジュエリーの復刻版なども、5色のテーマにあわせて展示されている COURTESY OF CHANEL (写真右)シャネルの黒の代名詞であるリトル ブラック ドレス。喪服や制服のイメージであった黒を、ガブリエルはモードに昇華させた PHOTOGRAPH BY MASANOBU MATSUMOTO

(写真左)バカラとコラボレートした「シャネル N°5」のボトルやガブリエルが作ったダイヤモンド ジュエリーの復刻版なども、5色のテーマにあわせて展示されている
COURTESY OF CHANEL
(写真右)シャネルの黒の代名詞であるリトル ブラック ドレス。喪服や制服のイメージであった黒を、ガブリエルはモードに昇華させた
PHOTOGRAPH BY MASANOBU MATSUMOTO

 パリ1区、カンボン通り31番地。その4階にあるシャネルのクリエイション スタジオの扉に、いまも掲げられている「マドモアゼル プリヴェ」の文字ーーそれを冠にした展覧会が、東京、天王洲のB&C HALLで開かれている。会場に並ぶのは、歴史的なピースに加え、今年2月に逝去したカール・ラガーフェルドと新アーティスティック ディレクター、ヴィルジニー ヴィアールによるオートクチュール、「シャネル N°5」のボトル、ガブリエルがデザインしたジュエリーの復刻版など。それぞれのキャプションには、制作時間やそれを手がけた“メティエダール(芸術的な手仕事)アトリエ”の仕事についても記載されており、シャネルのクリエイションの遍歴、そしてそれらを支えてきた職人たちのサヴォアフェール(唯一無二のノウハウ)について、深く知ることができる内容だ。

画像: ゴールドの部屋。ゴールドは、ガブリエル・シャネルが常にインスピレーションを受けたビザンチンやバロック様式の装飾品にも多用された色。そのフレスコ画が背景を彩る PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

ゴールドの部屋。ゴールドは、ガブリエル・シャネルが常にインスピレーションを受けたビザンチンやバロック様式の装飾品にも多用された色。そのフレスコ画が背景を彩る
PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

画像: ガブリエル・シャネルにとって赤は“命の色”。赤い革張りの書物やコロマンデル屏風(中国の漆塗り屏風)など、ガブリエルは、自身のアパルトマンの調度品にも、赤を好んだ PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

ガブリエル・シャネルにとって赤は“命の色”。赤い革張りの書物やコロマンデル屏風(中国の漆塗り屏風)など、ガブリエルは、自身のアパルトマンの調度品にも、赤を好んだ
PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

 シャネルにとってアイコニックな5つのカラーで区分けした展示構成も面白い。メゾンを象徴する黒と白。ガブリエルが“命の色”と表現し、コレクションには必ず1ルックは登場させたレッド。彼女が休暇を過ごしたドーヴィルやビアリッツのビーチを想起させるベージュ。そして、ガブリエルの重要なインスピレーション源のひとつであったゴールド。鑑賞者は会場を巡りながら、シャネルのコードの秘密を解き明かしていく。

画像: (写真左)2014/15年秋冬 オートクチュール コレクションで発表されたドレス (写真右)2016年春夏 オートクチュール コレクションのドレスのディテール COURTESY OF CHANEL

(写真左)2014/15年秋冬 オートクチュール コレクションで発表されたドレス
(写真右)2016年春夏 オートクチュール コレクションのドレスのディテール
COURTESY OF CHANEL

画像: 会場内の特設スペースでは、3期に分けて、3種類のワークショップを開催。オートクチュールの制作にも携わるアトリエ「モンテックス」の職人による刺繍制作(11月3日まで)、ハイジュエリーのアトリエ職人による金箔貼り(11月4日から17日まで)、香水の伝統的なボトル密封法(11月18日から12月1日まで)を体験できる PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

会場内の特設スペースでは、3期に分けて、3種類のワークショップを開催。オートクチュールの制作にも携わるアトリエ「モンテックス」の職人による刺繍制作(11月3日まで)、ハイジュエリーのアトリエ職人による金箔貼り(11月4日から17日まで)、香水の伝統的なボトル密封法(11月18日から12月1日まで)を体験できる
PHOTOGRAPH BY OLIVIER SAILLANT

 10代のころにシャネルでインターンを務めていたソフィア・コッポラが、本展のために制作した映像作品も見どころだ。これは、シャネルのアーカイブ映像をコラージュしたもので、ガブリエルをはじめ、カトリーヌ・ドヌーブやマリリン・モンロー、ティルダ・スウィントンなど、メゾンの新旧アイコンが混じり合う。こうした作品や展示内容が、見る者に改めて伝えるメッセージは明確だ。ガブリエル・シャネルの世界は、それを愛する人々の手によって更新され、また新しいインスピレーションに満ちているということだ。

『マドモアゼル プリヴェ展 ー ガブリエル シャネルの世界へ』
会期:〜12月1日(日)
会場:B&C HALL
住所:東京都品川区東品川2-1-3
開場時間:11:00〜20:00(入場は開場の30分前まで)
料金:無料(CHANEL公式LINEアカウントより要予約)
電話:0120-552-735
マドモアゼル プリヴェ展 サイト

 

This article is a sponsored article by
''.