つけ心地にもこだわり、隅々まできめ細やかに仕上げられる日本のジュエラーから、センスが際立つ5ブランドをピックアップ

PHOTOGRAPHS BY KENICHI YOSHIDA, STYLED BY MAYU YAUCHI

画像3: T JAPAN’s Choice
デザイン力、仕事の丁寧さが際立つ
日本のジュエラーに注目

平安貴族が愛した「襲色目(かさねいろめ)」を着想源に、ほかにはない豊かな色合わせのジュエリーをデザインする晋江さん。「職人の手による緻密なセッティングの技も守り伝えていきたいです」。

(左)ピアス¥291,400
<K18YG、ブルートパーズ、オレンジサファイア、イエローサファイア、ピンクサファイア、グリーンガーネット、アメシスト>
クニエリカ
kunierika.jp

かつて水晶の産地であった山梨。伝統工芸士、大寄智彦さんが受け継いだ技術を駆使し、斬新な発想で作るジュエリーが面白い。こちらは手作業で作られる水晶のドームに小さな水晶の結晶体が閉じ込められたもの。

(右)リング<天然水晶>¥330,000/トゥ ラボ
貴石彫刻オオヨリ
TEL.055(224)3762

画像4: T JAPAN’s Choice
デザイン力、仕事の丁寧さが際立つ
日本のジュエラーに注目

コンテンポラリージュエリー作家としてグローバルに活躍する薗部悦子さんのブランド。美しい色みの石と繊細なゴールドが生み出す造形美に、知性と品の良さが漂う。

(上)リング<K20YG、ピンクトルマリン>¥380,000
(中)ピアス<K18YG、グリーンアメシスト>¥150,000
(下)ネックレス<K20YG、K18YG、トパーズ>¥240,000
エツコ ソノベ
www.etsukosonobe.com

※ YG=イエローゴールド

 

This article is a sponsored article by
''.