世界を思うままに旅することができなくても、空想の中では自由。仮想都市を旅する“脳内トラベラー”は、着こなしもエクストリーム

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY SO MITSUYA, STYLED BY NATSUKO KANEKO, HAIR BY JUN GOTO(OTA OFFICE), MAKEUP BY NOBUKO MAEKAWA(PERLE), MODEL BY HANAKA(DONNA MODELS)

 ホテルの扉を開けると、そこには近未来的なビル群が立ち並ぶ......。現実と架空の世界が混じり合うファッションストーリー「Wondering, Wandering」は、ホテル「アンダーズ 東京」で撮影したモデルカットと、「SMALL WORLDS TOKYO」の架空のミニチュア世界のカットを合成し作り上げた。

画像: 『エヴァンゲリオン第3新東京市』の模型エリア。芦ノ湖北岸に位置するとされ、手前には旧市街が広がる。使徒が襲来すると街が地下へ格納される機能も再現

『エヴァンゲリオン第3新東京市』の模型エリア。芦ノ湖北岸に位置するとされ、手前には旧市街が広がる。使徒が襲来すると街が地下へ格納される機能も再現

「SMALL WORLDS TOKYO」は、2020年6月にオープンした世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパークだ。ロケットが打ち上がる『宇宙センター』エリアに始まり、産業革命時代のアジアやヨーロッパをモチーフとした『世界の街』エリア、『美少女戦士セーラームーン』をテーマに作品の舞台となった麻布十番の街と30世紀の未来の都「クリスタル・トーキョー」を再現したエリア、模型の飛行機が離着陸する「関西国際空港」をリアルに作り上げたエリア、そして『エヴァンゲリオン』の「格納庫」と「第3新東京市」を再現したエリアと、計6つの世界で構成される。

画像: フォトグラファーの三ツ谷 想さん

フォトグラファーの三ツ谷 想さん

 このミニチュア世界が現実世界に侵食するビジュアルを作り上げたのは、若手フォトグラファーの三ツ谷想さんだ。三ツ谷さんは1990年京都府生まれ。独学で写真を学び、Tumblrに投稿した写真が海外メディアに取り上げられたことをきっかけに、作品制作を始めた。デジタルコラージュで現実の中に虚構を紛れ込ませた写真は、ヨーロッパでも注目を集める。「SMALL WORLDS TOKYO」では、旅が自由にできない今、バーチャルに異世界を体験できたのがうれしかったとのこと。

SMALL WORLDS TOKYO
住所:東京都江東区有明1-3-33 有明物流センター内
営業時間:10:00 ~21:00(土・日曜・祝日は9:00~)
※営業時間は変更になる場合あり
入場パスポート:大人[18歳以上]¥2,700、中人[12〜17歳]¥1,900、小人[4〜11歳]¥1,500、3歳以下は無料(すべて税込)
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.