(左)豆は粗挽き。つきものの微粉は「さほど気にしません」と大坊。ネルドリップの器具は、円形にした針金にヤスリの柄を取りつけ、そこに厚手の片ネル生地を縫いつけたオリジナル
(右)ぬるめの湯を静かに滴下。「とにかくゆっくり」なので、特別な蒸らしの時間もとらない。ポットではなくネルの側を手のひらで球を転がすように動かし、常に中心に湯を落としていく

PHOTOGRAPH BY MASANORI AKAO
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.