イギリスの君主として歴代最長の70年間在位したエリザベス女王。ファンを自認するライター・安齋喜美子が敬意とこめて、王室御用達をはじめ、英国ゆかりの美味を紹介

BY KIMIKO ANZAI

 2022年初夏、バッキンガム宮殿でくまのパディントンと共にアフタヌーンティーを楽しむエリザベス女王の動画が話題になった。お茶をポットから直接飲んでしまったり、エクレアをつぶしてしまったりと数々の失態を繰り広げたパディトンが、「いざという時のためにいつも持っているんです」と帽子の中からマーマレードのサンドイッチを取り出すと、女王も「私もよ」とハンドバッグからサンドイッチを取りだして見せる。すると、パディトンは言うのだ。「ハッピー・ジュビリー、マム。そして、ありがとうございます。今までのすべてに」。   
 上品で温かみのあるコメディに、女王ファンは湧いた。おそらくはパディトンのこの言葉に自分たちの思いを重ねたから。

 英国王室初の在位70周年。今年で96歳を迎えた女王は、世界の王室において最年長の国家元首でもあった。だが、1952年、25歳の若さでエリザベス2世として即位した女王にとっては、この70年の道のりは決して穏やかなものではなかった。だが常に国民とともにあろうとする姿勢を貫いてきた。

 筆者は約30年前に、ロンドン郊外で女王と同世代の婦人宅にホームステイをしていたが、彼女が近隣の友人たちと過ごすお茶の時間の記憶は、今も鮮明に残っている。話題はほぼ”女王“オンリー。イギリス人らしく、最初は天気や庭の花の話で始まるが、女王の話題になると一気にヒートアップ。「今日のニュースで見た女王は赤が似合っていたわ」「先日の黄色いスーツも素敵だったわよ」「でも、女王が一番似合うのはブルーよ。ロイヤルらしく上品だわ」。紅茶とビスケットだけで、女王のファッションについて延々とお茶の時間を楽しむ。このお茶会で、女王がいかに国民に愛されているかを知った。敬愛をこめて「英国御用達」をはじめ、英国ゆかりの美味をセレクトしてみた。

女王のティアラをモチーフにした帝国ホテルのケーキ「45°」

 帝国ホテル 東京のエリザベス女王との縁も深く、1975年の初来日の際は、同ホテルで開催された午餐会に出席された。9月1日には、帝国ホテル第14代東京料理長の杉本雄さんが考案した、王室に代々伝わるティアラをモチーフにした純白のケーキ「45°」が登場。英国産ロゼ・スパークリングワインを使用したババ、エリザベス女王が大好きだったというイチゴのコンフィチュール、英国伝統の”シムネルケーキ”などを美しく重ね、それをレモンバームのクリームとマスカルポーネのガナッシュで包んだという手の込んだ一品だ。ティアラや宝石のような銀箔があしらわれた美しいケーキを、特別なお茶の時間に。

画像: 「45°」というネーミングは、ティアラの着用が最も美しく見える角度であるという説に由来。洋酒が効いた大人っぽさと、イチゴのコンフィチュールのキュートさが共存し、奥深い味わい。「45°」1名<H4.5×W6cm>¥1,600、5~6名用<H7×W18㎝>¥8,300(※5~6名用は7日前までに要予約。金・土・日・祝日は数量限定で店頭販売あり) COURTESY OF IMPERIAL HOTEL

「45°」というネーミングは、ティアラの着用が最も美しく見える角度であるという説に由来。洋酒が効いた大人っぽさと、イチゴのコンフィチュールのキュートさが共存し、奥深い味わい。「45°」1名<H4.5×W6cm>¥1,600、5~6名用<H7×W18㎝>¥8,300(※5~6名用は7日前までに要予約。金・土・日・祝日は数量限定で店頭販売あり)
COURTESY OF IMPERIAL HOTEL

帝国ホテル 東京
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1
販売場所:帝国ホテルプラザ 東京 1F
ホテルショップ「ガルガンチュワ」
期間:9月1日(木)~10月31日(月)
営業時間:10:00~19:00
TEL.03(3539)8086(直通)

ザ・ペニンシュラ東京の「ページボーイハットアフタヌーンティーボックス」

 1928年、英国統治下の香港に誕生したザ・ペニンシュラ香港。アジアの最高級ホテルとして名を馳せ、西洋と東洋の文化が融合した空気感は今も健在。なかでも、エントランスでゲストを迎えるページボーイのスタイリッシュな姿は世界中のザ・ペニンシュラでアイドル的存在に。彼らの帽子をヒントに誕生したのが「ページボーイハットアフタヌーンティーボックス」で、セイボリー3種、スイーツ4種、自家製スコーン2個という充実の内容。“アフタヌーンティーの聖地”ザ・ペニンシュラ東京の味をご自宅でどうぞ。ぜひ、ていねいに淹れた紅茶と一緒に。

画像: セイボリーはスモークサーモンと卵のサンドイッチ、スティルトンチーズと南瓜のデニッシュ、スイーツはプラチナ ショートブレッドなど、“英国”を感じさせる美味が多彩に。香ばしく、“サクサク&ふわっ”の食感のスコーン2個付き(自家製マーマレードジャム、クロテッドクリームは別添付。「ページボーイハットアフタヌーンティーボックス」¥4,000 COURTESY OF THE PENINSULA TOKYO

セイボリーはスモークサーモンと卵のサンドイッチ、スティルトンチーズと南瓜のデニッシュ、スイーツはプラチナ ショートブレッドなど、“英国”を感じさせる美味が多彩に。香ばしく、“サクサク&ふわっ”の食感のスコーン2個付き(自家製マーマレードジャム、クロテッドクリームは別添付。「ページボーイハットアフタヌーンティーボックス」¥4,000
COURTESY OF THE PENINSULA TOKYO

期間:9月1日(木)~9月30日(金)
提供時間:11:00~18:00
販売場所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京地下1F
「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」
TEL.03(6270)2888  

テイラーズ・オブ・ハロゲイトの「アールグレイ リーフティー」

 1886年北イングランドの鉱泉の街、ノース・ヨークシャー州ハロゲイトに設立された紅茶ブランド。英国王室御用達で、世界中の一流ホテルで使用されている。「アールグレイ」はは極上の茶葉に天然のベルガモットオイルで香りづけされ、爽やかで上品な味わい。アガサ・クリスティーが愛したブランドとして知られるが、「毎朝1杯の紅茶から1日を始める」紅茶通のエリザベス女王も愛したブランド。ちなみに、アガサ・クリスティーは1971年に女王より大英勲章に叙任され、“デイム・アガサ”となった。

画像: 琥珀色の水色が美しく、ベルガモットの香りが心地よい。日本の水で美味しく淹れられるよう、軟水用にブレンドされている。やわらかな味わいが魅力。「アールグレイリーフティー」125g ¥3,300/テイラーズ・オブ・ハロゲイト COURTESY OF TAYLORS OF HARROGATE

琥珀色の水色が美しく、ベルガモットの香りが心地よい。日本の水で美味しく淹れられるよう、軟水用にブレンドされている。やわらかな味わいが魅力。「アールグレイリーフティー」125g ¥3,300/テイラーズ・オブ・ハロゲイト
COURTESY OF TAYLORS OF HARROGATE

TRC ジャパン
TEL. 0800(800)5266

ウィンザー城内のブドウ畑から生まれる”美しき泡”「レイスウェイツ ウィンザー・グレート・パーク・ヴィンヤード ブリュット 2015」

 エリザベス女王の居城であるウィンザー城には2020ヘクタールに及ぶ広大な自然公園「ウィンザー・グレート・パーク」があるが、「この敷地内にあるブドウ畑から生まれるのがこちらのスパークリングワイン。実は、ここ10年ほどで“イングリッシュ・スパークリングワイン”の世界的評価は高くなり、ワインの世界でもトレンドに。白い花や柑橘の香りが豊かで上品な味。女王のお気に入りでもあった。

画像: レモンやグレープフルーツなどの柑橘や白い花のブーケの香り。泡立ちも繊細で美しい。シャルドネを中心にピノ・ノワール、ムニエをブレンドし、上品で爽やかな味。アフタヌーンティーとともに泡を楽しむのが、今の英国のトレンド。「レイスウェイツ ウィンザー・グレート・パーク・ヴィンヤード ブリュット 2015」/750ml ¥11,880 COURTESY OF MOTTOX

レモンやグレープフルーツなどの柑橘や白い花のブーケの香り。泡立ちも繊細で美しい。シャルドネを中心にピノ・ノワール、ムニエをブレンドし、上品で爽やかな味。アフタヌーンティーとともに泡を楽しむのが、今の英国のトレンド。「レイスウェイツ ウィンザー・グレート・パーク・ヴィンヤード ブリュット 2015」/750ml ¥11,880
COURTESY OF MOTTOX

モトックス
TEL.0120-344101

王室の食卓に欠かせない”ミネラル豊かな塩”「マルドン シーソルト」

 イングランド東部エセックス州で200年以上にわたり、塩の生産を行ってきたのが「マルドンクリスタルソルトカンパニー」。今も、塩分濃度の高い海水を汲み上げ、ろ過を行った後、平釜にて15時間から16時間煮詰めるという伝統的な手法で塩作りを行っている。その味は、キリッとした塩味がありながらも奥深い。2012年王室御用達となり、“ロイヤルワラント”を授けられた。自然の恵みそのままのナチュラルな味わいの塩は、ロイヤルファミリーの食卓を支えている。

画像: シャープな塩味を持ちながらも、余韻はまろやかでピュアな味わい。国内外の星付きレストランでも多く使用されている。シンプルなサラダや焼いたお肉にパラリとかけるだけでも味が引き締まる。特にローズマリーをまぶして焼いたラムレッグローストに用いれば、英国気分も満点。ピラミッド型のみごとな結晶も美しい。「マルドン シーソルト」125g ¥486 COURTESY OF MALDON

シャープな塩味を持ちながらも、余韻はまろやかでピュアな味わい。国内外の星付きレストランでも多く使用されている。シンプルなサラダや焼いたお肉にパラリとかけるだけでも味が引き締まる。特にローズマリーをまぶして焼いたラムレッグローストに用いれば、英国気分も満点。ピラミッド型のみごとな結晶も美しい。「マルドン シーソルト」125g ¥486
COURTESY OF MALDON

鈴商
TEL. 03(3225)1161

「プレスタ」プラチナジュビリーチョコレート アソートボックス

 大のチョコレート好きだったエリザベス女王が気に入ったことから1975年より「英国御用達」となったのが、1902年創業の老舗「プレスタ」だ。カラフルでスタイリッシュなパッケージも魅力で、プリンセス・アーケードにある本店には、故ダイアナ妃も訪れたそう。こちらの「プラチナジュビリーチョコレート アソートボックス」には、王冠を可愛らしく象ったチョコレートなどが16種詰められている。少し濃い目の紅茶とともに。

画像: シーソルトキャラメル・クラウン(ダークチョコ)、ミックスベリー&クリームトリュフ(ミルクチョコ)、ジャンドゥーヤ(ホワイトチョコ)など、風味豊かなチョコレートが16種。ローズクリームなど英国的なフレーバーも。紅茶やコーヒーのほか、上質のスコッチやジンと合わせてみるのもおすすめ。「プラチナジュビリーチョコレート アソートボックス」¥7,020/プレスタ COURTESY OF PRESTAT LONDON

シーソルトキャラメル・クラウン(ダークチョコ)、ミックスベリー&クリームトリュフ(ミルクチョコ)、ジャンドゥーヤ(ホワイトチョコ)など、風味豊かなチョコレートが16種。ローズクリームなど英国的なフレーバーも。紅茶やコーヒーのほか、上質のスコッチやジンと合わせてみるのもおすすめ。「プラチナジュビリーチョコレート アソートボックス」¥7,020/プレスタ
COURTESY OF PRESTAT LONDON

日本橋三越
TEL. 03(3241)3311

▼あわせて読みたいおすすめ記事

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.