伝統的な魚のパイ包みを鯛焼きの形に仕上げ、石井真介シェフの遊び心を感じさせる「Sincère」のシグネチャーがメイン料理。日常の器で知られ、明治時代にはこの地を訪れた柳宗悦にも評価されたという岩手小久慈焼のシンプルな皿に、2種のソースと新鮮な葉野菜が映える
PHOTOGRAPH BY TOMO ISHIWATARI
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.