伝統的な魚のパイ包みを鯛焼きの形に仕上げ、石井真介シェフの遊び心を感じさせる「Sincère」のシグネチャーがメイン料理。日常の器で知られ、明治時代にはこの地を訪れた柳宗悦にも評価されたという岩手小久慈焼のシンプルな皿に、2種のソースと新鮮な葉野菜が映える
PHOTOGRAPH BY TOMO ISHIWATARI
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.