到着したJR八戸線の久慈駅は、久慈―宮古間を走る三陸鉄道・北リアス線の久慈駅も併設。構内の「三陸リアス亭」では、鉄道が開業した1984年から店を守り続けるこちら工藤クニエさんと、常に売り切れと聞いていた幻の駅弁「うに弁当」と運良く対面。「初めは車内販売もしていたのよ」と懐かしそうにアルバムを見せてくれた女将の味は、蒸しあげた雲丹の白米に染みる風味まで絶品
PHOTOGRAPH BY TOMO ISHIWATARI
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.