「神饌」をイメージした和食の朝食。左の膳の「さめたれ」(右下)は、この地域特有のサメの干物を炙ったもので、噛むほどに旨味が深まる味わい
PHOTOGRAPH BY KAN KANBAYASHI
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.