「夏至光遥拝100メートルギャラリー」に立つ杉本博司。

オープニングでは、代表作である『海景』シリーズが展示

PHOTOGRAPH BY YASUTOMO EBISU


「今日も朝から山の向こうの石切場に行ってきてね。敷地に使えるようなめぼしい石に印をつけてきた」


 この夏、杉本博司は毎日のように東京の自宅から小田原へと通っている。その目的は、10月にオープンする「小田原文化財団 江之浦測候所」(以下、江之浦測候所)の工事のためだ。「江之浦測候所」は、杉本が10年の歳月をかけて構想してきた文化施設である。杉本が設立した日本の伝統的な演劇、美術の伝承および保存、そして現代演劇、美術の普及を目的とした「小田原文化財団」の本拠地でもあり、約9500㎡の敷地にギャラリー棟、石舞台、光学硝子舞台、茶室などの施設が造られている。各施設をデザインするのは、杉本と榊田倫之による新素材研究所だ。「現場の石工、木工、植木屋、全部の親方を僕がやっている。今はディテールの段階だから、僕が現場で指示しないと作業が始まらないんだよ。本当はインタビューなんてやっている場合じゃない」と杉本は満足げに笑う。


 敷地は、箱根山外輪山と相模湾の間に広がる山から海にかけての斜面だ。この地は、杉本の幼少期における最初の記憶へとつながる場所でもある。杉本は、次のように認めている。「私は小田原に負うところが多い。子供の頃、旧東海道線を走る湘南電車から見た海景が、私の人としての最初の記憶だからだ。熱海から小田原へ向かう列車が眼鏡トンネルを抜けると、目の醒めるような鋭利な水平線を持って、大海原が広がっていた。その時私は気がついたのだ、『私がいる』ということを」(「小田原考」より)。


 小田原は、杉本が自我に目覚めたところである。この記憶が、のちに杉本が作り出す代表的な写真シリーズ『海景』の誕生へとつながった。そして今、杉本が「自らの起源」とも言えるこの地で思いを馳せるのは、「人類の起源」であり「アートの起源」である。



千利休作と伝えられる茶室「待庵」の本歌取りとして構想された茶室「雨聴天」。

茶室は、春分、秋分の太陽の光が日の出とともに

にじり口から床に差し込むよう造られている

© ODAWARA ART FOUNDATION