香取のアトリエには所狭しと自分の作品が並べられている。

伸びやかな筆致と目に鮮やかな色彩感覚に驚かされる。

写真中央のイーゼルに飾ってあるのが、

彼の永遠のモチーフである“黒うさぎ”。

10年前に描かれたこの作品が大切に飾られていた


 アトリエの床にはキャンバス、ダンボール、ウッドパネルなどがびっしりと立てかけられ、壁一面には香取慎吾が描いた作品が飾られている。鮮やかな色彩のペインティングで埋め尽くされた空間はその部屋自体がコラージュ作品のようでもあり、圧倒される。「絵を描くときの作業机や場所などは決めていません。下描きもしない。そこにキャンバスがあるから、描き始めるんです」と香取は話しながら、小さな作業机に真っ白なキャンバスを立てかけ、普段の制作の様子を私たちに披露する。


そこに描かれたのは白抜きの「T」の文字。『T JAPAN』のロゴを描き始めたのだ。最初は縦、次に横向きを組み合わせて、パズルのピースをはめていくように、どんどん「T」の文字が増殖していく。パレットに絵の具を置き、筆に移して使うのはまどろっこしい。「すぐに描きたい!」という衝動から、絵の具をチューブから出しながら描くという方法にたどりついたと語った。

「アクリル絵の具は乾きやすいのですが、絵の具をそのままおいていく方法だと乾燥に時間がかかるので、普段は3枚のキャンバスを用意し、順番に描いていきます。そうすると、一巡したら最初の絵が乾いている。計ったことはないんですが、気がつくと一枚描くのに2時間しかかかってないこともありました」



『T JAPAN』のロゴをおもむろに描き始める香取。
そんなサービス精神旺盛なところもポップスター!



 アトリエにはコラージュ作品も多く見られる。作業机の上に、うずたかく積まれた写真集や雑誌はこれからコラージュに使うストックだという。その横には、ファンからのプレゼントの小さな人体模型を解体して、箱に詰め込み、ボンドと絵の具を流し込んで固めたカラフルなオブジェも見受けられた。香取がロッカーから出してきたのは、過去に切った自分の毛髪を袋に入れて保存したもの。

「これもいつか、作品に使いたいなと思って」といたずらっ子のように笑う。人間ドックの内視鏡写真のコラージュやX線写真をコピーし、作品の中に使ってしまうなど、自分自身の身体の一部を増殖させて、作品として仕上げるアプローチも興味深い。



コラージュのためにストックしている雑誌や写真集の山。

小さな作品もきちんと保管されている



色数をそぎ落とした作品は、

実はX線写真のコピーが使われている

© SHINGO KATORI