「撮影に使ったカンペをもらってスケッチしたり、セットの小道具のPCで描いたり。場所も画材も選ばない。描きたいときが描きどき。いつでも描けるのが僕なりのスタイル」という香取。<後編>では、アーティストとしての“作品との向き合い方”を語る。

『TANK 100』のために制作した作品、アートとの向き合い方について語る

© T JAPAN



 香取は絵を描く感覚をまるで“ゲームのよう”と表現する。まずは白いキャンバスを用意し、トランクの中に大量にストックしてある絵の具の中から、色を確認せずにひとつをつかみ出す。そして、自然と思いついた線やモチーフを描き進めて、「なんで、この色がここでくる?」「いやいや、この色のとなりに、この色はないでしょ」「色がこうくるなら、ここは塗らないでおこう」と自問自答しながらルールづくりをするのだと打ち明けてくれた。このルールは無限大の組み合わせがあり、毎回違った着地点になる。色やモチーフが増殖していくうちに楽しくなってきて、筆は止まらない。描いている瞬間は完全に“自由”でいるのだろう。



いつでも絵を描きだせるように、

アトリエの机の下の引き出しやトランクに

大量のアクリル絵の具を常備している



 筆はほとんど使わない。
絵の具を簡単に持ち運べるよう、箱に収納している



絵の具のしたたりを面白く感じたところから
増殖していった作品

© SHINGO KATORI