PHOTOGRAPH BY YUMIKO FUKUI


 いったい、毎日どれだけの化粧品が新しく発売されるのだろう。新製品のない日はほとんどなく、多い日は10を超える数の化粧品がこの世に生まれてくる。仕事柄、その多くと出合うのだが、あるときはその革新的技術に瞠目し、または香りのよさにうっとり陶酔し、はたまた出合ったことのないテクスチャーに新鮮な驚きを感じたりもする。だが、そういう理屈を超えて、いたってシンプルに「これ、好きだなぁ」とファンになってしまうコスメがある。シスレーの “ブラックローズ” シリーズもそのひとつだ。


(写真左から)ブラックローズ クリーム マスク〈60ml〉¥15,000、

ブラックローズ プレシャスオイル〈25ml〉¥22,000

COURTESY OF SISLEY



 最初の出合いは2011年秋に発売された「ブラックローズ クリーム マスク」だった。新成分ブラックローズエキスや、ポリフェノールを含むホオズキガクエキスなどのエイジングケア成分を贅沢に配合したこのマスクは、その優美な香り、とろりととろけるような肌なじみが官能的なまでにキャッチーで、たちまち虜になった。夜、これでもかとたっぷり肌に乗せて15分、その後ティッシュでふき取ってからいつものスキンケアをして休むと、翌朝はふっくらとしなやかな肌ざわりに幸福感すら覚える。この心地よさ、発売後5年間で累計100万個を世界で売り上げているという人気にもうなずける。


……と思っていたら、続く2014年発売の「ブラックローズ プレシャスオイル」はさらにその上を行く“陶酔感”をもたらすツワモノだった。朝な夜なにほんの数滴、化粧水のあとに投入すると、すっかり角層が硬く厚くなった自分の肌がすーっと素直にオイルを受け入れ、そのあとのスキンケアまでじつによくブーストしてくれる。このオイルを使った日は「これこれ、これが自分のいちばんなりたい肌なんだよなぁ」と思うのだ。オイル人気が高まる中、満を持してシスレーから登場したこのオイルは、またたく間にスーパーヒット作となった。

ブラックローズ スキン クリーム 〈50ml〉¥19,000

COURTESY OF SISLEY



  そしてこの7月1日、シリーズに新たな主役が登場した。同じく"ブラックローズ"の花びらから抽出した成分に加え、年に一度、5月に手摘みされるメイローズ、過酷な気象条件で育つアルペンローズなど、希少な3種のローズエキスをブレンドした「ブラックローズ スキン クリーム」は、その香りもさることながら、テクスチャーが本当に気持ちいい。新技術により、肌に塗った瞬間にクリームが水のようなみずみずしい使用感に変わって、さわやかに肌に伸び広がる。まさに「クリームの心地よさと水滴のような軽やかさ」を融合した、まったく新しいアイテムなのだ。


 個人的には、朝、ごわごわと少し硬さを感じる肌に「ブラックローズ プレシャスオイル」をちょっぴりなじませてからこのクリームを使うのがおすすめ。初夏のこの時期でも、朝クリームを塗って少しもベタつかないうえに、肌がほろりとやわらかくうるおい、繊細で穏やかなローズの香りで1日をフレッシュにスタートすることができる。


 女性にとって化粧品の「良し悪し」は、結局のところ、こんなふうに五感に響く心地よさ、言ってみれば感覚的な「好き嫌い」に尽きるのかもしれない。



シスレー・ジャパン

TEL. 03(5771)6217

公式サイト






  • 1