『INTERPRETATIONS, TOKYO ー 17世紀絵画が誘う現代の表現』 |原美術館

(左から)
《パリスとアポロがアキレスの踵に 矢を向け命を狙う》を解釈した蜷川実花による作品(タイトルなし)、
《アキレスとアガメムノンの口論》を新解釈した堂本右美の《but then I thought...》
COURTESY OF DRIES VAN NOTEN
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.